あんころりんのiPhoneアプリ
「和菓子wagasi」−東京のお菓子・菓子パンを歩く

2005年12月09日

松月の『まめ福』と『生どら』
赤坂特集その4

b 537 (3).jpg
↑まめ福

赤坂『松月』
(港区赤坂4-3-4 土・日・祝休10時〜20時
 喫茶は10:30〜17時半LO)は

TBSからほど近い一ツ木通りに古くからあるお店。
二階には甘味喫茶なんかもあって
昭和の香りが漂うなかなかの雰囲気・・・


人気blogランキングへ

人気ブログbanner_02.gif


立地しては最高ですが割とのんびりした様子の
赤坂では結構「ご近所的な」和菓子屋さん。

でも赤坂って本当にあなどれなくて
随分昔からありますよね?と伺うと
「ええ90年になりますね」とつるっと言われてビックリ。
・・さすがに90年前(1919年創業)は知らんけど。

お菓子の種類は大変豊富で全然覚えられない。
これは割と赤坂の主流和菓子店のあり方のような気がします。
贈答用の日保ち菓子、やや洋菓子風。
袋入りのやら、棹物。そして上生菓子と朝生菓子


b 285.jpg
↑一ツ木通り沿い

松月は「一ツ木饅頭」が一押し商品みたいです、
でも未食。

今回は当然?豆大福、いや『まめ福』180円です。
名前が赤坂らしくて可愛いですね
赤坂『まめ福』。  芸者さんみたいです。

まめ福』の餅はすこし餅米の餅とは違います、
白玉粉入り

b 380.jpg
↑袋入り

食感は、餅はしっかりしてるし
粒あんが大変好みであります。
粒あんはこの特集の赤坂ものでは
一番さっぱりした甘さです。
おいしい豆の味の粒あん。

見たかんじより(失礼)断然好みです。
糖度はBrix約50,8%でした。他店より低めです。

赤豌豆は個体によって数はばらつくけど
多いものに当たるとかなりのごろごろ感で
すっごく嬉しい。

で、です。
じつはいろいろと考えさせられる餅でした。
おいしいんですよ、もちろん。

b 492 (3).jpg

材料は
餅米、小豆、砂糖、豌豆、食塩、白玉粉
そして何と・・固化防止酵素
最初に原材料を見て「あれれ」でしたが。
でもいただくとこれが適度なコシと歯切れの良さがあり
全然問題ない。
厚みもほどほどで結構なお味です。

じつは「固化防止酵素」入りの餅って
いつまでも柔らかくて
ちょっと恐いくらいなんだけど。

求肥みたいにやたら柔らかいと
どうも大福、って感じがしない、
―これは個人的好みだが。

まめ福』は大変しっかりとして
逆に前回の「赤坂青野」より
早く固くなり始めました。

白玉粉ってあっという間に固くなるから
それを多少防止する程度の酵素の量なんでしょうか?
当日賞味になってるし。

ちなみに白玉粉は餅米原料の粉で
団子や求肥に使う和菓子の材料です。

b 534 (2).jpg
↑右下が松月。上段左が塩野、右青野、中央浅野家
左下は?お楽しみに・・


仲野欣子さん著「食いねえ「あんこ菓子」」では
餅粉を使った「家庭用手作り大福」が紹介されてたけど
やはり作るそばから固くなる、とあります。
白玉粉入り大福も工程的にはそんな感じなのか?

とにかく大福餅は絶対“餅米”!って決めてたのに。
揺らぎまくるアイデンティティ・・って
そんなもんハナっからないけど。

でも酵素や甘味料など固化防止の「何か」は
量販店、スーパーなどの大福には
概ね使われているけど―どうも今ひとつのもの、が
多かったので少なからず驚いた。

でも何で『まめ福』なんでしょう?
特別小柄なわけではありません。
体重は92gとミドル級です。
12月3日号塩野」より重いです。

b 524.jpg
↑甘味喫茶は通常10時半から

じつは今回是非とも紹介したかったのは
甘味喫茶の方ですが
一度目は開店時間前でアウト。
そのために再訪したら
大掃除で開店時間繰り下げ。
でまたまたアウト。

代わりに
割と人気の「生どら」白クリーム(180円)です。
クリームみつ豆の代わりに掲載します。
このサイト初の「生どら」登場です。

他に比べられないので相対的にどの程度かわからないけど。

小振りの60gを家族と半分こ、で美味しかったです、
皮がしっかりで和菓子屋的どら焼きです。
こういうどら焼きの皮好きなんで。

b 548.jpg
↑クリックね、マックではない。
皮の気泡がおいしさのサイン


こちらの原材料は
小麦粉、砂糖、卵、小豆、膨張剤、生クリーム
正当派の内容でした、当然要冷蔵ね。

次回は必ず甘味喫茶紹介します。
悔しー

★追加です。
ayano様から下記の紹介記事を教えていただきました。
夏の「松月の茶房」レポートでとても面白く、さくっと読めますので
ぜひ興味ある方ご覧下さいませ。
やはり赤坂はあ大人の街みたいです。
『抹茶が旨いザクザクかき氷:赤坂「松月」』

ayano様のご協力に感謝。

注※今回使用した糖度計は「ATAGO.PocketPAL-2」。
何せ素人が使っているのであくまでも目安。
(一応3回ずつ計測してるけど)
ちなみに、この数日前に私が計測した
「雪印コンデンスミルク」はBrix約69.8%でした

posted by あんころりん at 00:46| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 港区&品川区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
次は何かなと思ってたら、松月で来ましたか!
まめ福おいしいですよね。久しく食べてないですー。それにしても、あんころりんさんの真剣さには、読んでいて頭が下がります…

http://www.ayanosuke.net/mt/ice/archives/2004/07/post_16.html
季節はずれですけれど、松月のかき氷です♪
Posted by ayano at 2005年12月09日 03:17
★ayanoさん!
そうですよね、私も一回検索したらこちらの記事が出ていて「ayanoさんもちゃんと書いてらっしゃるなー」と思ったのです。
ありがとうございます♪記事中に追加させていただきますのでよろしくお願いします。
・・真剣ていうか単にマニア体質がDNAにあるらしいです。オタって気もしますが・・退かないでね。
Posted by あんころりん at 2005年12月09日 22:06
まめ福の「まめ」って豆大福の「豆」のことだと思っていましたー。違うかしら?
松月の喫茶ってわたしもとうとう行けずじまいでした。
しかし今回の赤坂特集も楽しいです。やっぱりこういう比較記事ってすごくおもしろい。あんころりんさんのお写真はもちろん、マニアックなレポがたまりませーん!
Posted by kozue at 2005年12月09日 22:55
★kozueさん
そうですよね。豆大福のまめだとおもうんですけど。それをあえて「まめ福」って呼ぶところが何か可愛いからちびっこって意味ならいいな、と希望的「因縁」を付けてみました。←すごい言葉だ
私も子どもの頃から客観的な比較ものがすっごい好きでそのまま変わらず現在に至ってしまい。
画像とレポート両方お褒め頂けるとまたまたマニア魂がめらめらと。めらめら〜。
Posted by あんころりん at 2005年12月10日 00:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
・街歩き、お店巡りに! 歩きながら距離や時間、消費カロリーを算出、写真保存機能付。
散歩計GPS

・わんこ好き、ネコ好きに!
わんわんセッション
にゃんにゃんセッション




facebook あんころりん