あんころりんのiPhoneアプリ
「和菓子wagasi」−東京のお菓子・菓子パンを歩く

2008年09月16日

カウントダウン!『東京 いとしの和菓子』発売
今日の品『招福楼』栗♪ユリ根!まめ♪の和菓子
☆記事下段にプレゼント告知あり(9/17締め切り)

IMG_ta5086.JPG
IMGk3163.JPG
『招福楼』の「宝づくし」と「焼きめ栗」 

発売まであと10日!に迫った
東京 いとしの和菓子 あんころりんのおやつめぐり
現在楽天ブックスでも予約購入できます。
9月25日まではカウントダウンで更新!(たぶん)。

前日から紹介中の『招福楼』のステキなお菓子。
滋賀八日市の“茶の心”を基とする会席料理屋では……
人気blogランキングへ
人気ブログbanner_02.gif

☆☆プレゼントのお知らせは記事の最後をご覧下さい
(サムネイル画像はクリックして拡大出来ます) 

海老芋や葛粉を用いたそれは繊細な、
禅の精神を謳うにふさわしい、素材を生かした菓子を次々と繰り出す。
というのが前回までの記事。

焼き目栗」は栗の最盛期、昨年10月のお菓子です。
秋真っ盛り、深いウコン色の頭にちょこんと濃い焼きめ「か、かわいい…」
いま、このヘアスタイルが許せるの和菓子のみだぜ。アスリート禁止。

砂糖を感じさせない淡い甘さの“栗のそぼろきんとん”には
芯もまた砂糖を控えた小豆のつぶしあん
素っ気ないほどまっすぐな栗と小豆にグッと来ました。

IMG_ku3169.JPG IMG_kur3235.JPG
「焼き目栗」芯は甘み薄く風味豊かな小豆

なぜ記事にしなかったか?
たまたま、売り場側『老松』の栗菓子について書くので電池切れ〜、
栗の時期って書きたい記事が多すぎる。
(「焼きめ栗」07年10月・1個420円/材料?記憶では砂糖、栗、小豆)

そして前回紹介した昨年11月の「冬ごもりは海老芋仕立て。
ギリギリ控えた甘さであってもえぐさを感じさせない。
会席の甘味にふさわしい後くちの良さは
いくらでもイケそうだった。

IMG_ta5089.JPG
「宝づくし」はカップ入り。裏漉した白小豆に黒豆、柚子、のし梅  

今年2月は「宝づくし」。白小豆の柔らかいきんとん風仕立て。
彩りよく盛った具材はとてもフレッシュで瑞々しい。
取り合わせ方とさっぱりした味わいは、お料理屋さんならでは。

黒豆や柚子のアイデアは、正月におせちを使って真似できそう。
とは言え、ひとつひとつのパーツは丁寧なプロの味が効いてました。
(「宝づくし」08年2月・1個420円/白小豆、砂糖、黒豆、のし梅、柚子)

4月には百合根!仕立ての桜きんとん
百合根の裏漉しにざらめ(≒白双糖?)を加えて煉り、
細かく刻んだ香りよい桜葉を混ぜ込んだそぼろきんとん♪とんとんとん。
注意深く口に入れるとわずかに百合根の舌触り。
IMG_sa8454.JPG
「桜きんとん」

百合根もまた下ごしらえが面倒な食材。
ヘタなもので初体験すると、トラウマになりがち、
おいしい、となりゃ、替えがたい味わいです。
あえて“替え”をいえば慈姑(くわい)だろうか。

クセのある根菜に甘みを加えると、そのアクが最悪に転じることがある。
記憶の味が最悪であれば、苦手な食べ物としてインプットされます。

ユリ根食わず嫌いの方はこの「桜きんとん」で開眼できるかも。
芯にはもちろん皮ごとの小豆あん。“まるごと食べる”ここの小豆は美味。
桜きんとん:420円/百合根、ざらめ、小豆、桜葉、着色料(赤102号))


IMG_y8449.JPG

この時はもうひと品「蓬葛餅」(冷蔵品)も調製。
なぜか少々冷蔵しても食感はあまり損なわれません。
材料にトレハロースが加わってました。
(蓬葛餅・420円/葛粉、蓬、小豆、砂糖、トレハロース)(←小豆とは?)

しかし、以前のような葛餅(常温保存の「しょうが入り黒砂糖葛餅」)
を期待していたので……残念。
保たれるモチモチ感とは引き替えなのか、
歯切れと、そして後味が異なります。
涼感に加えて保水力を求めるなら品質向上、ということなのでしょうか。

さておき
最近のお菓子を並べましょう
水ようかん初雁は9月20日頃まで購入できるはずです。

IMG_kz0622.JPG
6月は「黒砂糖葛餅」要冷蔵
(420円・葛粉、本蕨粉、黒砂糖、トレハロース)

IMG_kuro0949.JPG
7月には「黒豆水羊羹」要冷蔵
(420円/砂糖、黒豆、かん天)

IMG_m2533.JPG
8〜9月20日頃には「水ようかん」要冷蔵
(420円・砂糖、小豆、かんてん)
この時は桃のブランデー漬けもありましたが先に終了

「初雁」ゴロゴロと百合根入り
IMG_ha3564.JPG IMG_ha3552.JPG
9月上旬から「初雁」要冷蔵
百合根いり黒砂糖蕨餅。
(420円/澱粉、本蕨粉、百合根、黒砂糖、トレハロース)

本(『東京 いとしの和菓子』)が出る頃には
新栗の「栗きんとん」、
続けて10月の「焼き目栗」という具合。季節はめぐる。


毎年、秋になると和菓子屋さんは栗きんとん”を作ります。
趣向を凝らした豪華なものから、
シンプルで山の恵みをダイレクトに伝えるもの。

IMG_ayu2041.JPG
夏の「鮎・茗荷ごはん」

メインは料理屋の丸の内店で調製する旬飯や会席弁当の持ち帰りである
『招福楼』伊勢丹新宿店
惣菜やごはんもとてもおいしいし
販売の方もとても丁寧な対応、気持ちよく買い物できるのは嬉しい。
栗きんとん」や「焼き目栗」、
今年はが良いそうですから楽しみです。


☆☆☆
ここからは、プレゼントのお知らせ♪(応募締め切り9/17)
クイズに答えて下さった方の正解者の中から1名様
東京 いとしの和菓子 あんころりんのおやつめぐり」を
1冊プレゼント致します♪


東京いとしの和菓子表紙.jpg
表紙(帯別)です♪

☆問題☆
東京の和菓子屋さんを満載した
東京 いとしの和菓子 あんころりんのおやつめぐり
その表紙は淡いピンクバックに豆大福とその断面です。

さてどこのお店の豆大福でしょうか?
店名でお答え下さい。
応募の締め切りは9月17日
当選者の発表は9月18日予定、当ブログ上で行います。


ご応募は、このメール↓から。
♪クイズの答え♪

答えと
名前、住所または在住都道府県名、職業、年齢、(性別)を明記の上、送信して下さい。
当ブログの感想なども良かったらお書き添え下さいませ。 当選者にはあらためてメールを差し上げます。

それでは
はじめて読まれた方のためにも、
あらためて“あんころりんの本”出版のお知らせです。
東京 いとしの和菓子  
    あんころりんのおやつめぐり
」 

発売日は2008年9月25日(木曜日)
出版社は「ソニー・マガジンズ」です。
定価1680円(税込) A5判 144P
全国書店にて発売されます。
確実な入手は予約をオススメします。

現在、楽天ブックスYAHOO!ブックスからの購入も出来ます。

カラー写真も美麗
“いますぐ行きたい東京の和菓子屋さん”を満載。

読者の皆さまを筆頭に 
甘党さん、散歩好きな方には
ぜひ読んで頂きたいと思います。


皆さま、何卒、ご購入の方もよろしくお願いします〜
応募しても買ってね、はは♪

posted by あんころりん at 09:44| 東京 ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | 東京 いとしの和菓子 出版 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ヤヤヤ、やばいです。
全部食べたい(笑)今回の記事のお店知りませんでしたー。人生半分、いや、それ以上損してましたねこりゃ。
なんて上品、かつ物語が浮かぶような和菓子!
NOッ!もう芸術品ですね!
なんというか色がもうおいしそうだぁ〜。味が1番ですが見た目から入るのも大切ですね。 なんか五感を刺激するものばかり。思えばあんころりんさんの老松の栗菓子記事を読み、伊勢丹絶対秋行く!と誓いましたが、今年は伊勢丹で買いたい和菓子増えました(笑)
あぁ休みがほすぅい〜ぃ!
クイズ、間違ってると思いますが一応投稿しようかな… 心のバイブル『和菓子で楽しむ東京散歩』さえ買わずに借り読み続けている私ですが、あんころりんさんの本は購入したいです!その前に、貧乏学生はクイズと闘ってみようと思います(笑)
Posted by トッコ at 2008年09月16日 22:21
もう早くから楽しみにしています。
家の近くには本屋などこじゃれたものが
何もないので7のお世話になります。
注文番号7andy-3○○9○○です。
2日後届きそうですね。
届いたら和菓子屋めぐりします。
Posted by yottyan at 2008年09月17日 00:13
和菓子って本当に季節を感じる芸術品ですねぇ。
洋菓子に比べると素材もとてもヘルシー。
「焼き目栗」、かわいい風貌です。断面見るとやっぱり引き込まれますよ。
Posted by いもすけ at 2008年09月17日 06:34
トッコさん
お返事が遅くなりました。
和菓子屋さんではないので、多くの方はスルーしちゃいます、ご安心を。って何をだか、笑。
どれもその日限りのお菓子ですから、淡い味の繊細なものばかりです。複雑な形ではないけれど逆に新鮮ですよね〜。
そしてそして、ありがとうございます。今回は残念でした、ごめんなさい。本は気が向いたらお買い求め頂けたら嬉しく思います。読み物も多いから暇つぶしにはよろしいかと。価格の決定権は私にはないのです、申し訳ありませんです。
これからもブログ楽しんでね〜♪
Posted by あんころりん at 2008年09月18日 19:04
yottyanさん
我ながら、私も楽しみですよ〜。
絶対ステキな本になると思います。
(文章はともかくとして(笑))ご注文頂きましてありがとうございます。
和菓子屋めぐりがすごく楽しくなると思います♪
Posted by あんころりん at 2008年09月18日 22:21
いもすけさん
仰るとおり、私も同感です。洋菓子と異なるのは四季折々風土にあった素材に、この地で生まれた本来のおいしさがあると思います。
菓子の中の小豆って良いよね♪
Posted by あんころりん at 2008年09月18日 22:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
・街歩き、お店巡りに! 歩きながら距離や時間、消費カロリーを算出、写真保存機能付。
散歩計GPS

・わんこ好き、ネコ好きに!
わんわんセッション
にゃんにゃんセッション




facebook あんころりん