あんころりんのiPhoneアプリ
「和菓子wagasi」−東京のお菓子・菓子パンを歩く

2006年03月28日

感激の苺大福!和デザート「翠江堂」本店から
ブログを始めた理由は

P1010087 (2).JPG
↑右はラッキーの証、嬉しい双子の苺、
左もおいしくレギュラーいちご大福


懸案のいちご大福

ぜひに、と何人かの方に奨めていただき
それでは、と行って参りました。
隅田川の支流、亀島川のほとりまで。

若干の不安を抱えつつ向かったその先は・・・



人気blogランキングへ

人気ブログbanner_02.gif

事前に見たHPやら、その菓子の様子など
伺っていると「自分はちゃんと味わかるかいな?」と
元々ない自信がどんどん揺らいでくる

苺大福」では知る人ぞ知る、
いいえ、とっても有名で知らないのは本人ばかり、
八丁堀の先、川の畔の「翠江堂」

訪れてみれば
見るからに愛すべき様子のご近所の和菓子屋さん。
動物的カンがここなら大丈夫、と
まずはほっと胸をなで下ろす。

がらりの扉を開けると店内は3人も入れば一杯か。

P1010047 (2).JPG
↑間口3件程で民家の一部がお店

お店の方の昔なじみのような笑顔と
血の通った丁寧な対応に
心がほどけるような小確幸=リトルハピネス。

あれこれ悩んでの品定めも焦ることなく楽しいひととき。

「いちご大福は出来たてでだから
まだ“苺ふたついり”がありますよ」
とにこやかに奨めて頂き。
ではでは3つは2個入りで、とお願いする。

何でも苺が小さめだと二つ入れてしまうそうで
みれば大きく幅が広がっている。

あのですね、これサービスなの、見た感じ1.5倍。
初めてなのに、こんな幸運とは
お店の心意気と心ある対応の奥様と
それから大福の神様?のおかげです。

P1010074 (2).JPG
↑クリックで拡大、左が2個入り

楽しみにしていた幾つかのお菓子は昼前で、
すでに売り切れ。
土曜日は早じまいなので作る数が少なめだそうです。
すみませんね、と言われれば、
いいですまた来ますと、気分良く他の菓子の吟味が出来ます。

メモを“こそこそ”取っていれば(まあ不粋なおいら)
お邪魔でなければ店のパンフレットをどうぞ、と。
ほんの一言二言が“地に足のついた”心配りと言葉使い。

極めつけはこんなによく売れるお店ながら
今日は消費税サービスの日なんですよ、
とまで言われて
もはや、嬉しさ5,6連発でノックアウト寸前。

最高の気分でとても魅力的なお店を後にしました。

P1010030.JPG
↑クリックで拡大、豆「鹿の子」断面図

その後の蕎麦の良店での昼飯も満足満足
ついつい蕎麦ぜんざいまでえーいままよ、と頼んじゃって
残すつもりが完食しちゃって。

先ほど買った「いちご大福」を
美味しく食べられるかやや心配。
これだから下町方面は嬉しいやら心悩ましいやら
楽しくて仕方ない。

さて
話を戻すと“なぜ”行く前に不安を抱えていたかと申しますと

P1010074.JPG
↑クリックで拡大、右は薯預饅頭の吉野山


皆さんが「柔らかーい求肥餅でおいしいこしあん

奨めて下さる上にHPの説明にも「柔らかいお餅が特徴」とある。
加えて「クール便にて地方発送可」の旨が記されているのが
どうも嫌な予感・・

・・・白状すると
柔らかな大福に魅力を感じた事がない。
これはまったくの個人的嗜好だから
味の優劣以前の問題。単に好きかどうか。
冷蔵で固化しないものが果たして大丈夫なのか?
で、・・?。
他にもHPなど読むと何だか自分が好きなお店とは
段々思えなくなってしまった・・

が!
おやつに頂くと全ての疑いはばからしい程一掃されちゃった。

P1010036.JPG
↑↑クリックで拡大の大島饅頭断面図

ゆるめのあんが味の良いにふさわしい食感と甘さで
バランスが極めて良いです。
餅はこのあんと苺をまとめるための存在。

柔らかでも不自然ではありません
丁寧な柔らかさでするりと頂けます。

あたかも苺の上等なデザート
なんともやさしい餅菓子があるんだなー。
これは苺の和デザートの趣。

お店が良くて対応が素晴らしくて
心楽しくお店を出てしかも家でいただいてこんなにおいしい。
こんな和菓子屋さんがまだ世の中にある、それが嬉しい。

まさに心意気と
きちんとしたものを手頃な価格で提供しようする
お店の誇りを感じます

P1010026.JPG
↑クリックで拡大、吉野山断面図

優れた日常の和菓子を質素なお店で作り続けて下さっている。
ここでリスペクトせずにどこでする
かなり熱く語ってるけどいいのさ。

何よりも、感激したのが「苺大福」ばかりでなく
どの菓子もが予想を越えて遙かに素晴らしいということ。

P1010019 (2).JPG
↑クリックで拡大、
左から大島饅頭、和風パウンド、吉野山、鹿の子


定番の黒糖の小麦饅頭「大島饅頭
大納言「鹿の子」、
季節の薯預饅頭「吉野山
白あん使用のバター風味「和風パウンド」。

味そのものが優れている上に、
それぞれの菓子がそれにふさわしい味わいで
甘みなどがあっさりと頂きやすく新鮮で食感が良い。
5種類とも完全に満足です。

その上包装なども過不足なく
こざっぱりとして気持ちよい。

懲りすぎていないのが生の食品らしく魅力的です。

P1010064.JPG
↑クリックで拡大、
おみやげ包装はもちろんテープなし、デザインも好き


聞けば三代目は新作和菓子などの研究にも熱心だそうで。
注文ではバナナ、キウイ、栗でも大福を作って頂ける。

勝手な推測ですが
ぐるナビ利用の調ったHP作りや隙のないパンフレット
晴海トリトンへの出店など
ご近所的和菓子屋さんとしては進取先取りとも言える部分は
そういった職人としての新物への積極性などとも
呼応してるんじゃないでしょうか。

他と一線を画すのが
本店での品物の実力半端でなく、誠に丁寧な味作りであるところ。
添加物なども不使用ですし。

P1010064.JPG
↑クリックで拡大、和風パウンド隠し味に白あんを。

和菓子屋さんですから、それが何より。

「翠江堂」
こじんまりと親しみのある本店の様子からは伺い得ない

販売者としてのテクニカルの部分と
庶民価格での丁寧な菓子作りの両立が
幸福な形で実現しているようです。

P1010004.JPG
↑クリックで拡大、縦積みで断面パート2

その証として
本店はリニューアルなどとは無縁でいて欲しいと
こちらの勝手に願ってしまう。

本店の佇まいも含めて
どうかこのままの形を持続して下さいと、

のようなご近所的和菓子屋さん、
御菓子司「翠江堂」に敬愛を込めて。


◎長いおまけ後記◎

「翠江堂」を薦めて下さった皆様
ayanoさん、サボさん、チロルの森さん、ありがとうございます。
当初は自分の味覚にそれでなくとも自信がないもんで、
棚上げしてたんだけど。
こんな風に薦めていただいて実際に出向いてみて
自分の偏よりもくつがえり、しかも気分良いひとときを過ごせる。
敬愛の念を込めて書かせて頂けるお店にまた出会えて、
ブログやっていて本当に良かったと思えるひとときです。
そして
読んで下さる方から受け取る物があまりにも多いので
自分でも驚いてばかり。
もともとこういった
町の和菓子屋さんをリスペクトする
メディアが見当たらないのでだったら自分でやったるわい

と始めたわけで。

だからより多くのかたにヘタな文章でも読んで欲しいと
あれこれない知恵ひねってます。ランキングもそうだし
皆さんが読みたくなる内容のチョイスも一応考えて。

市井の和菓子屋さん、なんて褒めても
誰の直接的な経済的得にもならないから
それぞれのお店が心意気だけで頑張ってる
気がします。
何となく心の片隅で既製のマスメディアとかに
ブロウ入れたい気分ではじめたこのサイト。
大口叩けばほんのりと気分は大宅壮一文庫。
(読み捨てられる雑誌、週刊誌を蔵書、閲覧出来る)
誰も価値認めないなら俺がやる的な部分に於いてだけど。
継続は力なりと、皆様の励ましで頑張り続けているのです。
ですから読んで頂けて感謝感謝でございます。

そんなわけでもし記事にちょっとでも共感出来たら
人気ランキングもクリックして頂けると嬉しいです。
これからもよろしくお願いします。


人気blogランキングへ


※参考ブログ記事ayanoさんの
「ayanolog」八丁堀「翠江堂」のいちご大福


こちらもブログを始めた理由についての当方別サイトでの記事です。
大好きケーキ日記のたけさんの手作りカンパーニュを
取り上げてます。興味があったらご覧下さい。
↓↓
アロハなごはんと〜
CAKE STUIDIO TEA SPOON のカンパーニュと古代のパン

●お店データ

P1010062.JPG
↑店の脇、桜川公園で訪問した際の桜

翠江堂
本店はこちら
東京都中央区新川2-17-13
日曜祝休 月〜金9:00〜19:30 土〜15:00

晴海トリトン1F店
中央区晴海1-8-16
月〜金10:00〜21:00 土・日・祝11:00〜21:00

●お菓子データ

※菓子は全て保存料、添加物不使用だそうです。
実際、苺大福は冷蔵庫で一日おくとちゃんと?食感に変化が出ます
いわゆる固化防止剤を使用した大福とはかなり異なる変化でした。
クール宅急便で配送しても賞味は当日中です
まっとうな餅菓子の印象。

P1010065 (2).JPG

・苺大福 210円
小豆こしあん
に餅米の皮赤えんどうも数粒入り
通常苺一個入り、運が良ければ2個入り♪
当方測定体重 2個入りで約89g
当方測定糖度Bri45.5x%
※12月〜5月迄は、地方発送可、詳細はHPで
・大島饅頭 178円
奄美大島産の黒糖の小麦皮饅頭、小豆粒あん入り
当方測定糖度Brix約57,4%
・鹿の子189円
大納言煮込み豆に小豆こしあんと角切り羊羹入り
当方測定糖度Brix約59.4%
・和風パウンド168円
白あんにバター風味
・春の薯預饅頭「吉野山」236円
上用生地に小豆こしあん
当方測定糖度Brix59.9%

注※
今回使用した糖度計は「ATAGO.PocketPAL-2」。
何せ素人が使っているのであくまでも目安。
(一応3回ずつ計測してるけど)
ちなみに、この数日前に私が計測した「雪印コンデンスミルク」はBrix約70.6%でした



posted by あんころりん at 07:52| 東京 ☁| Comment(18) | TrackBack(0) | 中央区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あんころりんさんのブログはいつも感動させられます。本当に丁寧に、わかりやすく今目の前で
購入し自分が食しているかのような感覚になります。やはり和菓子屋といっても、本当に各店
オリジナルとその商売に対するポリシーがあるんですよね。けしておごらずですね。
あんんころりんさんこれからも頑張ってください。柔らかい餅、漉し餡はあまり私も得意じゃないんですが、試してみないとわかりませんね。
Posted by YOSHI at 2006年03月28日 09:15
よかった、気に入っていただけたんだ〜。
しかもいちご二つ入りに当たるなんて、ラッキーでしたね♪

そうなんですよ。パッと見、ごくごく普通の和菓子屋さんなんだけど、味よし、接客よし、さりげない気遣いもうれしく、ほんっとに気持ちのいいお店ですよね。

余談ですが、翠江堂のパンフレットが大好きなんです、私。写っている季節のお菓子たちの数々があまりに可愛らしくておいしそうで、何度見ても飽きません(笑)
Posted by ayano at 2006年03月28日 12:05
こんにちは。
記事を読んで「昔なじみのような笑顔」に会いたくなりました。
本当に、素敵なお店ですね。
記事の中に、心にとめておきたい言葉が幾つもありました。
素敵なお店に出会えた時のあんころりんさんも幸せそうだけど、
あんころりんさんに見つけてもらって、
こうして紹介されるお店も、きっと幸せですね。
苺二つの心使いにほっこり、
なんだかわからないけれど、田舎に帰りたくなりました。
素敵な記事を有難うございました。
Posted by ちょこ at 2006年03月28日 13:41
度々すみません、お菓子のことにふれていませんでした。
いちご大福も鹿の子も他のお饅頭もどれも美味しそうですが、
個人的には「和風ぱうんど」が凄く気になります。
「和風ぱうんど」っていう名前がまた素敵ですね☆
Posted by ちょこ at 2006年03月28日 13:45
八丁堀〜☆
偶然にも明日通るのに、時間がない〜〜〜(T_T)
まさに乗り換えのために通るのに。
拡大した苺大福の断面図のやわらか餡にやられました。よく綺麗に切れましたね、こんなやわやわ。
保存料、添加物なしってのも必須なだけに好感度が最高潮。
取り寄せできると聞いても是非とも本店に行ってみたい・・・
そして、こちらでもご紹介頂き恐れ入りますm(_ _)m

Posted by たけ at 2006年03月28日 20:20
いいなあ〜
あんころりんさんの初めてのお店レポって、ほかとはまた違った勢いがあって読み応えありますね。愛を感じますですよ。
「和風ぱうんど」ってきっとわたし好きだと思う。間違いなく。
ああ八丁堀もトリトンスクエアもぜんぜん行かない土地だー。
Posted by kozue at 2006年03月28日 23:05
柔らかいお餅…、わかる気がします。
私も舌の上で溶けるようなお餅はどうも…。
特に豆との相性はやっぱこしのあるお餅ですよね。
でも、こと苺に関しては、柔らかいほうが
マッチするかもしれませんね。
Posted by チロリン at 2006年03月28日 23:41
★YOSHI さん
ほんとに毎回のコメントありがとうございます
嬉しいです。
感動・・そんな最大級の賞賛をいただくにはまだ全然駄目のすけ、
精進します。
決しておごらず・・それが素晴らしいもの作りに繋がるんでしょうね。
ほんとにいろいろなお店が地味ながらも丁寧に品作りしてますね。
大変な事だと思うので尊敬の念を表したいと思います。
私も今回に限っては柔らかいがふさわしいと思いました、試してみるもんです。

★ayano さん
どうもわざわざコメントありがとうございます
ayanoさんが薦めてくれなかったらお店まで行く事はなかったと思います。
ほんとに幸福な気持ちにさせてもらって感謝です。
2個入りは「早い者勝ちだからお好きなだけ」と言われて
3つは2個入りという豪勢な苺大福三昧でした、嬉しい〜。
いやほんとに素晴らしいお店です、思い出しても頬がゆるむわ。
パンフレットのカラーカタログ楽しいですよね、四季全部出かけたいかんじ。
今度は草餅とどら焼きとそがの里を買うのだー。あー楽しいです。
どうもです。

★ちょこ さん
コメントありがとうございます。
こちらのお店は地味に見えて有名なのです。私が出遅れてるだけで・・。
書いてないけどあの服部栄養学院長のお薦めを読んだのが出会いですから
私が紹介というのはふさわしくないのです。
地に足の着いた言葉がこういうお店の方の素晴らしさで
なかなか文章では表現仕切れませんね。
和風パウンドは味はとても良好ですが結構バターが効いていますから
私は一個完食できないけど、家族は即完食。
あ、「パウンド」です、ひらがなではないの、ごめん。

★たけ さん
御丁寧にコメントありがとうございます。
えー明日通るのに。駅から徒歩5分強だから厳しいですか。
断面きれいなのは柔らかいけどべたつかないので。
だからおいしいんだと思います、素材の力だけで柔らかいかんじ。
不思議なものでやはり「何か」で柔らかさを持続させてるものとは
どうも違うんですねー。
私も取り寄せよりまずは本店で自分で買う事を強く推しますわ。

★kozueさんさん
恐れ入ります、アンチ苺大福派。でもこれ良いのだわ。試させたい。
ツボにはまったコメントありがとうございます。打てば響いてるな。
ご推測通り、勝手に一人でものすごく幸福と苦しみ(大げさな)にまみれながら
書いてました。愛って苦しむものなの?教えて〜(笑)
和風パウンド(←カタカナだって)は間違いなくkozueさんお好きな気がします。
バターに白あん隠し味、どうも良い味なんです。

★チロリンさん
毎回丁寧なコメントありがとうございます。
私達って多分顎がまだ退化してない年代なんじゃないでしょうか(笑)
話が変わるけど
後書きでブログ話を書いたけど、私はグルメもの書くって言うより
「リメンバー」的な気分で、名もない町の職人さんをリスペクトしたくて
こんなにだらだらあれこれ書いてるんだけど。
ってチロリンさんには何だか言いたくて。語るとダサイけど。
Posted by あんころりん at 2006年03月29日 01:55
こんにちは。読んでいて、私もなんだかとっても嬉しいし、久々にとっても食べたくなりました!
以前は、すぐ近くで働いていたので、個人的には翠江堂さんを含め、あのあたり一帯がなつかしいです。
風のとおりが他よりいいような気がなんとなくするんですが・・・。

それにしても、いつも写真の撮り方が面白いですね!
ガラスか何かの上に置いて撮影してるのでしょうか?
今回のイチゴに囲まれた写真もナイスです!

うー、食べたいなぁ、
今日買いに行こうかしら。
Posted by サボ at 2006年03月29日 13:47
こんにちは。読んでいて、私もなんだかとっても嬉しいし、久々にとっても食べたくなりました!
以前は、すぐ近くで働いていたので、個人的には翠江堂さんを含め、あのあたり一帯がなつかしいです。
風のとおりが他よりちょっといいような気がなんとなくするんですが・・・。

それにしても、いつも写真の撮り方が面白いですね!
ガラスか何かの上に置いて撮影してるのでしょうか?
今回のイチゴに囲まれた写真もナイスです!

うー、食べたいなぁ、
今日買いに行こうかしら。
Posted by サボ at 2006年03月29日 13:47
★サボさーん**☆
読んで下さってありがとうございます。
どれだけ気分の良い土曜日だったことか!
サボさんの一押しで単に御菓子を食べると言う事以上の経験に恵まれました。
単にお店の方が感じ良いと言うだけでなく自分の偏見まで変える位上等な和菓子を普通のお店で手に入れて。本当に嬉しいんです。
>風のとおりが他よりちょっといいような気
私もそう思います、気持ちよいので新富町まで歩いて蕎麦食べてそのまま日比谷まで歩きました。
河面の側って気持ちよいですね。好きです。
画像を気に入っていただけましたか?ガラスも使ってますけどオーラも使ってます(笑)
そうです!食べたい時が美味しい時かも♪
Posted by あんころりん at 2006年03月29日 14:21
へへへ〜
イチゴ(笑)

でも皆さん絶賛のお店!是非食べてみたいと思います。
大賛成!です、有名店は有名店、雑誌におまかせしておきましょ〜
本当に素朴でおいしいものを、伝えていきたいですね〜

賛同!しましたので、ぽち!っとしてきましたよ〜
Posted by ごんママ at 2006年03月29日 22:38
こんにちは!
ご無沙汰してしまいました。
疲れやら風邪やらでパソコンもしばらくお休みしてましたが、元気になりました!
またまたTOPの大迫力の写真にパソコンの前で少し後ずさり状態に。(笑)
イチゴの赤がとても色鮮やかで、断面図もとても綺麗でいつまながら素敵な写真です。
なんだか食べたくなっちゃいました♪
隠し味に白餡を使っているという「和風パウンド」も気になりました!
Posted by fish&chips at 2006年03月30日 18:05
さすがはあの兄にしてこの妹ですなっ。
なるほどそうなのか〜。リスペクト、納得納得。
あ、私も関係ないけど、次号の「Hot Wax」に
レコ評書かせてもらいました。
読んでね〜。
Posted by チロリン at 2006年03月30日 18:51
はじめまして

ランキングからきました

来て見てビックリです

おいしそぉなお菓子の山♡


是非、また遊びに来させてもらいますね

応援クリックして帰ります
Posted by あやの at 2006年03月30日 18:55
★ごんママさん
ありがとうー。そうですよね。考えたら(考えなくても)町の和菓子屋さん大好きな私たちだった。賛同していただけてとても嬉しい!本当にありがとう、何だかまた頑張れます。それで・・苺トライしてみます〜?ここは大島饅頭がつぶあんでおいしいですよん。ところでごんちゃんのリンクこちらにしてませんでした。早速。

★fish&chipsさん
更新ないなーと思っておりましたが。もう大丈夫ですか?早速コメント下さってありがとうございます。やはりいらっしゃらないと何だか気が抜けてるみたいです、復活して良かった〜。トップがちょっとどぎついかな〜?でも苺の迫力勝負ってことで。でも気に入って頂けたものもあれば嬉しいです。和風パウンドおいしいです。まったりしてるけど後味良いです。機会があったらぜひ。

★チロリンさん
嬉しいー、わかっていただけて。
やたら原材料表記などの資料性高くしてるのは何だか我ながらDNAを思います。
何しろ糖度計まで導入しちゃって。毎回資料集めるだけで丸一日かかるっていうのも、やめたいけどやりだすと止まらないのだわ。たった一言の意味調べるのに4時間かけたりするのも我ながらDNAの恐ろしさを痛感するのよ。嬉しくもないんだけど。ホットワックス楽しみにしてますねー。

★あやのさん
コメントと訪問ありがとうございます。気に入って頂けたらすごく嬉しいです。そちらも何だか天国みたいにハッピーなサイトですね。あとでゆっくり拝見させて下さい。これからもよろしくおねがします♪
Posted by あんころりん at 2006年03月30日 23:53
双子のイチゴ大福ですか!なんだか、お得な気分で幸せ倍増になりそうですね。お店のポリシーも惹かれます。
そう、和菓子屋さんの包装ってテープは使って欲しくないなあって思います。紙と紐でゴミが出ないようにして欲しいです。こういうところでお店の品が問われるような気がします。
和風パウンドって、カステラともちょっと違う食感なのですか?いただいてみたいです♪
Posted by keko at 2006年04月01日 01:36
☆kekoさん♪
これはまったく嬉しい苺大福でした。お味も最上等で気分も最高、おまけに双子さん。
普段着の女性がにこやかに包んでくれるし、お店もかなり庶民的。
和風パウンドはカステラより、バター風味のシフォンケーキってかんじかな。浮島に似てます。おいしいものでしたよ。お届けしたいです。
Posted by あんころりん at 2006年04月02日 00:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
・街歩き、お店巡りに! 歩きながら距離や時間、消費カロリーを算出、写真保存機能付。
散歩計GPS

・わんこ好き、ネコ好きに!
わんわんセッション
にゃんにゃんセッション




facebook あんころりん