あんころりんのiPhoneアプリ
「和菓子wagasi」−東京のお菓子・菓子パンを歩く

2010年08月01日

虎屋菓寮(赤坂・新宿)氷あんず 宇治金時
虎屋(新宿)向日葵、若葉蔭
暑中お見舞い申し上げます

P1080569.JPG 
P1080330.JPG 
P1080311.JPG 
IMG_0266-1.jpg 
リアルにひまわりby近所のおばちゃん、向日葵by虎屋、琥珀製を泳ぐ金魚 宇治蜜別添えの宇治金時

和菓子wagasi−東京のお菓子・菓子パンを歩く

暑中お見舞い申し上げます

ああああ、あっつい〜!!けど、酷暑をかきわけて楽しみもある♪

リアルなひまわりきれいでしょう?
近所のゲートボール場に咲いていたのを切っていただきました。

花びら風きんとんを周りにあしらった
向日葵〉は虎屋7月の生菓子で・・・

↓よかったらクリックを!
人気blogランキングへ
人気ブログbanner_02.gif

<em>(↓小さな画像はすべてクリックで拡大できます♪)

虎屋本店ギャラリーで開催中の「和菓子の歴史展」に行った際に購…、
…違った、これは新宿伊勢丹店で買ったのだ。

近頃は、おしなべて矮性の園芸植物が席巻する都心の庭。
だけどこの大輪のひまわりたちはのびのびと背を伸ばして、
真夏の太陽の下、咲き誇っていました。
かなりでかいです、この切花たちも。

P1080331.JPG

一方のお菓子。解説によると
向日葵(ひまわり)〉きんとん製御膳餡包水羊羹製角芯入。
種の部分はこし餡で、花びらは黄色いそぼろきんとん。
こし餡の中は水羊羹製(いわゆる水羊羹ではなく)を小さく切ってを芯にしています。

虎屋の“水羊羹製”とは「餡に白双糖・葛粉を加え混ぜ、火を通して煉り上げ、成型して蒸し」たもの。
くちあたりは煉羊羹と蒸し羊羹のミックス、とでも言いますか。

この向日葵は人気商品のようで毎年、夏になると登場。
これまでは惹かれずにいたけれど、ようやく今年は欲しくなって購入。
こっくり甘い生菓子が食べたかったところ、美味しく頂きました。

P1080334.JPG
あんの中の小さなサイコロ状は白双糖と葛粉を混ぜて練り蒸した“水羊羹製”

で開催中の「和菓子の歴史展」ですが
こちらは行った際、展示を観るより先、地下「虎屋菓寮」で
氷あんず〉なぞ、頂いてしまった。

だって暑いんだも〜ん。
そんなわけで、頭も(さらにいっそう)働かないし展示については後ほど。

さて、
都内に数軒ある虎屋菓寮で、
氷あんずを提供しているのは赤坂本店だけ。

自家製あんずピューレ、柔らかな甘煮の干あんず、そして“アマレット”の蜜
それらを併せた甘酸っぱく爽やかなかき氷です。

IMG_0323.jpg

アマレットとはあんずの核、つまり“杏仁”を使ったリキュール。
なので氷あんずの構成はトリプルあんず、。
ただあんず、とは言え“杏仁”は杏仁豆腐でおなじみのように
アーモンドに似た風味で甘酸っぱくはない。

お酒ですからそれなりにパンチが効いている。なので
奈良漬けで酔うヒトなら反応しそうな“大人の味”です。

で、ワタシが選んだのは通常(1100円)より小さなサイズ(750円)。
なので煮あんずは2つだけ
そのうえアマレットを別添えにしたため、
画像は甚だ迫力にかけるものである。
この別添えにはワケがあるのですが…

いずれにせよ、絵面より好みを優先させてしまう。
こうゆーところが5年ブログ続けて、
未だマイナーポジションをキープする“コツ”です、とほ。
おしなべてワタシの選ぶ味のベクトルは見た目地味に傾く▼。

IMG_0328.jpg
氷あんず 小サイズ(750円)甘煮あんずはふたーつ

さておき。
さっぱりとした氷あんずは飲み物感覚で頂ける。
自家製杏ピューレを用いるほかの店(甘いっ子志むらetc)のかき氷と比べてもおとなしめに感じます。
甘いっ子については次回書きます、たぶん。)

そして虎屋の濃厚な小倉あんを使った“宇治金時”に比べればさらにさらに軽やか。

そう、この数日前にも新宿伊勢丹「虎屋菓寮で〈宇治金時〉小サイズ(800円)を頂いたばかり。
ここは買い物の際にたびたび利用してます。

以前から虎屋では宇治金時の宇治蜜を別添えにしてもらう。
見た目さらにジミ。

IMG_0265-1.jpg
宇治金時 小サイズ(800円) 蜜別添えバージョン

そして新たに知ったのは
小倉あんにもあらかじめ白蜜がかけられているってこと。
しかもこの蜜、別添えが可能です。

IMG_0267-1.jpg 
宇治蜜と小倉あん用蜜 ガラス器にて別添え、注文時に希望

あらゆるお客の要望に応える方針であろう虎屋菓寮では
宇治金時における宇治蜜と小倉あんの蜜、希望でどちらも別添えできる。
むろん小サイズでも。

心も舌も狭量であるワタシには
このダブル別添えこそがベストの注文方。
…こう書くと、ことさらにメンドーな客だ。

しっかりした抹茶らしい苦さが魅力(の蜜)の宇治金時。
が、じつのところ、小倉あんの方をもてあましていた。
しかし、なんとが足されていたとは…。

今まで“小倉あん”を食べきれなかったけど
もー大丈夫、ダブル別添えにすればきれいに頂けます。めでたし。
いやひょっとして白蜜だけ別添えにすれば見た目もキープ出来るじゃん。

IMG_0270.jpg
母、注文の〈冷し白玉ぜんざい〉(正式名忘れた)白小豆バージョン。
こちらもかなりの甘さで白玉を追加。でも結局ぜんざいはギブアップ


ひとにはホントにどーでもいいよーなことでも
本人にとっては目からウロコ、小さな幸せ大発見。

持ち帰りの生菓子を買いつつ、
別添え提案してくれた店員さんにお礼を述べました。

そのときのお菓子が向日葵若葉蔭
どちらもとってもキュートな上生菓子です。

P1080313.JPG
琥珀製(=錦玉)〈若葉蔭〉(砂糖、砂糖結合水飴、白小豆、寒天、白玉粉、コチニール色素、クチナシ色素、炭末色素:7/6〜31販売)

♪紅〜いべべ着たか〜わいい金魚♪夏はいっそう愛らしく思えます。

〈若葉蔭〉と「和菓子の歴史展」についてはまた。

↓よかったらクリックを!
人気blogランキングへ
人気ブログbanner_02.gif

●過去の「虎屋」「虎屋ギャラリー」関連記事
虎屋・寅年・虎づくし」展
虎屋饅頭
『嘉祥菓子と「和菓子おもしろ百珍」展(07年)
“亥の子饅”“春を駆ける”(〃)
「和菓子アート展」で食べる@虎屋(06)
「嘉祥菓子」で招福笑顔 (06)
「兎饅」薯預饅頭(05)
福寿饅頭「歴史上の人物と和菓子」展

*虎屋菓寮〈氷あんず〉真っ当な画像はayanoさんのブログでご覧下さい。
★本文登場「甘いっ子」と「志むら」については
書籍東京 いとしの和菓子 あんころりんのおやつめぐり

●おまけの話●
もともと8月の講演会の際に展示を観る算段だったワタシ。 展示前に虎屋菓寮でのんびりしたのには(暑さもあるけど) この日、久々に会う旧知の友との時間を優先したかったから。
で、この友人が最近立て続けに著書を上梓したので紹介します。

dog_Dolce.jpg cat_dolce.jpg
山岸みすず編著
人と犬の愛ある暮らし』 グラフィック社
『<人と猫の愛ある暮らし 』 グラフィック社

このリアル友は(ワタシとは大違い)すんごくセンス良くって仕事の出来るヒト。
どちらもこれまでにない犬と猫の書、です。
レイアウトもきれいだし、偉大な芸術家たちとその愛犬、愛猫との写真やエピソードなども楽しめます。
詳細はブログにてワンコにゃんこ。 興味ある方は(なくても)ぜひ。

もひとつ!知人の開発アプリ
アラーム&時計がわりに愛用中→あと何分?
町歩きに愛用中→「JogBoy」地図・距離・消費カロリー付

●お店と菓子のデータ
虎屋
虎屋菓寮 赤坂本店
※開催中=和菓子の歴史展
虎屋新宿伊勢丹店
向日葵(400円)7/16〜/31販売(白小豆 小豆 葛粉 クチナシ色素)

あんころりんプロデュースのiPhone&iPadアプリ
「和菓子wagasi」−東京のお菓子・菓子パンを歩く
iphone
内容紹介&サポートサイト
「和菓子wagashiー東京のお菓子・菓子パンを歩く」サポート

高 由貴子著
東京 いとしの和菓子 あんころりんのおやつめぐり

カラー写真も美麗

表紙(帯別)です♪

“いますぐ行きたい東京の和菓子屋さん、パン屋さん”を満載。
便利な地図も好評です。
東京のおやつめぐりをご一緒に
和菓子の楽しさを再発見する
   小さな旅に出かけませんか


↓よかったらクリックを!
人気blogランキングへ
人気ブログbanner_02.gif
posted by あんころりん at 11:58| 東京 ☀| Comment(10) | TrackBack(0) | かき氷、たい焼き&今川焼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あんころりんさま
大人気ブログにて、著書(ワンニャン本)のご紹介をいただき、まことにありがとうございました。そして、先日ご一緒した時間がこうしてブログにアップされていて、ライブ感いっぱいでした! さすがでございます。
今度、サントリー美術館の茶室で、お点前付き、薄茶&お菓子いただきましょう。またお目にかかれますこと、楽しみにしています。
あ、中田ヒデ氏が京都の末富で、サッカーボールマーク入りのふわとろせんべいを作ってもらったという記事が出ていて、あたくしもぜひ、ネコちゃん印のオートクチュールまんじゅう@虎や、ぜひいつの日か〜〜と思いを強めましたです。
Posted by 山岸みすず子 at 2010年08月01日 14:02
山岸みすずさん
コメントありがとうございます♪大人気のないブログですがいくらかでも広報活動のお役に立てば、と。ほとんど読み返さずに記事をアップしてしまい、超ヘンな文でお恥ずかしい。接続詞ぐらいちゃんと使わねば…。末富のオリジナル煎餅ワタシも作りたーい。今度オリジナル焼き印をかっぱ橋か虎屋で頼みましょう。ワタシの先生は猫の手饅頭をオリジナルで作ってましたよ。サントリー美術館、ぜひぜひご一緒に。これからもよろしくね〜。
Posted by あんころりん at 2010年08月01日 18:28
猛暑お見舞い申し上げますー。
わたしも今回は早々と虎屋ギャラリーへ行きました♪
そのときに買った「向日葵」、よく見もせずに口に入れて「あ、羊羹入ってるっ!!」と驚いたのはヒミツ。
Posted by kozue at 2010年08月02日 15:20
kozueさん
あっついですね〜、って毎度おなじご挨拶ですみません。案内はがきありがとうございます。グループ展、とても楽しみにしています。
>と驚いたのはヒミツ。
いや、もう秘密ではないでしょ(笑)
我ながら以前に比べて虎屋のお菓子を選ぶ幅が広がった気がしています。(舌が)大人になったのか…それとも味が変わったのかしら?
Posted by あんころりん at 2010年08月02日 18:33
いや〜、毎日暑い!すみません、いつもいつも同じ挨拶になってしまって・・・。
宮崎も暑さ本番です!
この時期はやっぱりかき氷、食べたくなりますね。あ〜、東京のあそこの宇治金時、食べたいな〜。餡子追加で!
Posted by いもすけ at 2010年08月03日 06:21
小豆や仙草、豆花、緑豆などたくさん乗った台湾のカキ氷もいいですが、きめ細かく繊細に削ったシンプルな日本のカキ氷もいいですね。 しかも、虎屋茶寮!

山岸さんの猫の本、とりあえず紀伊国屋あたりで立ち読みしてみます。(そのまま購入の可能性大(笑)
Posted by 笹団子 at 2010年08月03日 20:34
いもすけさん
頭とろけそうです〜〜。って同じような挨拶ばかり言っちゃいますぅ。ワタシもぜひご一緒にしもきた茶苑大山でサクサクしたいです。(じつは先ほど店の近所まで出向いたのですが、開店前だったでした…とほ)宮崎の海がなつかしい!!
Posted by あんころりん at 2010年08月05日 14:49
笹団子さん

猫好きならツボにはまる美しく読みやすい本です。ぜひ。かき氷もいろいろですが研ぐように挽いたものは日本ならではって気がします。
Posted by あんころりん at 2010年08月06日 06:17
涼しげな金魚のお菓子とナツらしいひまわり、さすが和菓子!!洋菓子のクリームでは出来ない和のすばらしさ!! 
Posted by min at 2010年09月20日 18:13
minさん
夏は夏らしく、そしてこれからは秋の趣が彩りを添えるでしょうね。金魚ってほんとカワイイ。
Posted by あんころりん at 2010年09月22日 10:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
・街歩き、お店巡りに! 歩きながら距離や時間、消費カロリーを算出、写真保存機能付。
散歩計GPS

・わんこ好き、ネコ好きに!
わんわんセッション
にゃんにゃんセッション




facebook あんころりん