あんころりんのiPhoneアプリ
「和菓子wagasi」−東京のお菓子・菓子パンを歩く

2010年12月09日

ジンジャーと栗♪大阪/大阪の駿河屋〜丹波づと、goshiki"
全国28店の羊羹を味わう、その18〜YOKAN羊羹collection

P1170452.JPG
"丹波づと・栗"瑞々しくデリケート
P1160174.JPG
"goshiki"=柿 はちみつ生姜 和三盆糖小豆 りんご 栗 

和菓子wagasi−東京のお菓子・菓子パンを歩く

風邪によくきく煉羊羹。

全国の羊羹自慢58店が出展した
「YOKAN羊羹Collection」@銀座三越
実際に購入&食した28店の羊羹について連日書いております。

さて、18番目に紹介するのは
大阪「大阪の駿河屋」丹波づと、goshiki・・・


↓よかったらクリックを!
人気blogランキングへ
人気ブログbanner_02.gif

小さな画像はクリックで拡大します♪

・・・です。

YOKAN羊羹Collection」@銀座三越についてはこちら

ざっくり説明しますと、
過日開催された「YOKAN羊羹Collection」@銀座三越にて
個人的に28店合計53種の羊羹やお菓子を購入したので
11/11から(できる限り)毎日一店舗ずつ紹介しております。

17で紹介したのは 富山「鈴木亭」 杢目羊羹
8福島 「玉嶋屋」本煉羊羹、ハートの羊羹
こちらも併せてご覧いただけたら嬉しく思います。

というわけで。

18 大阪「「大阪の駿河屋」丹波づと、プチ羊羹goshiki

さて。「駿河屋」の歴史は少々複雑。
もとは京都伏見で創業の菓匠「鶴屋」といい、
"煉羊羹"を創製した最初の店と言われています。

P1170442.JPG

四代目善衛門のおり豊臣秀吉に重用され
その煉羊羹"を発表したのが秀吉による歴史的大茶会(1609年)。
(※13山形/十印:塩小倉 で紹介の『羊羹合戦』はその史実から生まれた小説。)

それ以前の"羊羹"といえば"蒸し羊羹"に近いもの。
煉羊羹は京都伏見で生まれた"寒天"を使った画期的なお菓子。
秀吉好みのハデな紅色に染めた白隠元あんの"煉羊羹"
大茶会デビューは想像を超える衝撃を与え、
400年経ったいまも"各駿河屋"に伝わる看板商品です。

P1170533.JPG
中央の紅が煉羊羹、派手好みの秀吉もご満悦〜楽しいけど…恐るべし権勢

そう、羊羹舗「駿河屋」はワタシが知る限り
京都、和歌山(紀州)、大阪に5店ありそれぞれ異なる経営。

でも細かい話は後日書くとして。
−−
大阪駿河屋」は天保八(1837)年、
紀州「駿河屋」三代目善衛門の三男を店主として開いた店。
大阪城に納める御用菓子司にはじまり浪速の和菓子作りの歴史を重ね
現在に至っています。

P1160302.JPG

今回コレクションは和歌山と大阪から計三店の駿河屋が出展。
大阪本店たる「大阪の駿河屋」は
コレクション限定の新作"goshiki"を発表。
これがスバらしい出来栄えでした。

P1160299.JPG

柿、はちみつ生姜、和三盆糖小豆、りんご、栗。
5フレイバーそれぞれが一棹から切り分けたワンカットサイズ。
スリムな箱にすっきり納まり、軽やかなパッケージも新鮮。
箱の中、5色の羊羹は瑞々しくて"フレッシュな生菓子"といった趣きです。

とりわけ気に入ったのは"はちみつ生姜"。

P1160307.JPG
はちみつ生姜羊羹 

口に広がるヒリっとした生姜風味、
生姜を使った和菓子は数あれど
羊羹とこれほど合うとはオドロキ〜。
予想以上に刺激的な香りと味わいは、
まさに"クセになるおいしさ"。

コレクションのテーマ"メープル"にこだわらず
生姜を生かすべくはちみつをチョイスしたのも功を奏したようです。
ジンジャー好きには強くおすすめしたい。

P1160300.JPG
goshiki 

"goshiki"はフレイバー選びもバランスよく、さりげないセンスを感じます。
Web広告にもフォーカスされずひっそりと売られていたのはつくづくもったいない。
そんな感想を女将に伝えると嬉しそうなご様子。
確信を得たのでしょうか、
後日、さっそく本店で製品化を図ったとのこと。
対応の素早さは熱心に開発努力を重ねてこそ、なのでしょう。

HPの掲載はないようですが期待したいぞ"はちみつ生姜羊羹"
浪速の和菓子好きは一度トライしてほしいなー。

P1160170.JPG


"goshiki"でもう一つ気になったのが"栗"
基本の羊羹が圧倒的になめらかで繊細、そーとー好き。
訊けばベースになっているのは "丹波づと"という淡い羊かん

栗と黒豆の2種類あり、
goshikiに使った"丹波づと栗"は、初日に目に留めていた棹物です。
せっかくなのであらためて一棹購入。

これがまたデリケートな舌触り。
小豆と手亡をあわせ、抑制のきいたあんに
たっぷり混ぜ込まれた柔らかな栗。
淡い羊かんとは言い得て妙。

P1170472.JPG

ちなみにここの羊羹、
基本の砂糖はすべて純度の高い白双糖
どうりでキレのよい後味だ。
うっかりすると一棹一気(こわっ)。どんどこ食べられます。
羊羹はイマイチ、というヒトにもオススメしたい。

最後に伝統の紅い"煉羊羹"。
さすがなめらかで柔らかい。
夜の梅と挽茶羊羹も頂いたけれど煉羊羹は品の良い後味が特徴。
にごりのない甘さとクセのない口あたり、
秀吉の大茶会で絶賛の系譜というのがうなずけます。

P1170540.JPG
定番の煉羊羹ミニサイズ、左から夜の梅 煉羊羹 挽茶

淡い羊かん"丹波づと"
この技を活かした"いまの味"なのかもしれない。

栗に小豆はいとよろし。

では、また明日…か明後日。
そういえば。
羊羹コレクション終了からはやひと月…。

↓悪くない、と思ったらクリックお願いします
人気blogランキングへ
人気ブログbanner_02.gif


●“YOKAN羊羹collection”関連記事
・0(11/6)速報!銀座三越“YOKAN羊羹collection”
・1(11/11)北海道標津/標津羊羹本舗
・2(11/12)北海道北見/清月:薄荷羊羹
・3(11/13)北海道日高/八木菓子舗:元祖三石羊羹、豆ごころ
・4(11/15)宮城/白松がモナカ本舗:コーヒーヨーカン、こぐり山etc
・5(11/16)秋田/熊谷長栄堂:東雲羊羹
・6(11/17)福島/松本家:水羊かん(田舎羊羹)
・7(11/19)埼玉/太田甘池堂:古代秩父煉羊羹-田舎
・8(11/20)福島/玉嶋屋:本煉羊羹、ハートの羊羹
・9(11/22)千葉/なごみの米屋:昔羊羹,生栗むし羊羹etc
・10(11/24)東京/清月堂本店:メープルの琥珀、栗蒸し羊羹
・11(11/25)東京/青柳正家:栗具楽生、CUBE!!
・12(11/28)東京/虎屋:四季の富士,カ レ ド羊羹
・13(11/30)山形/十印:塩小倉
・14(12/2)神奈川/みのや本店:好み羊羹
・15(12/4)長野/桜井甘精堂:蒸し栗ようかん
・16(12/6)長野/竹風堂:くりづと
・17(12/7)富山・鈴木亭:杢目羊羹

●店と菓子のデータ
大阪の駿河屋
06-6201-0012
・丹波づと・栗(735円)砂糖 小豆 寒天 栗 手亡 クチナシ色素
・goshiki(プチ羊羹5個入:1050円)砂糖 餡 寒天 小豆 栗 しょうが はちみつ りんご 柿 レモン果汁 ゲル化剤
・煉羊羹(50g150円)砂糖 白餡 寒天 コチニール色素(※白餡=自家製でない?)
・夜の梅(同上)砂糖 小豆 寒天 
銀座三越催事にて購入の価格
銀座三越
03-3562-1111
●おまけの話●
・お客の反応で新作展開。これぞ待ち望んでいたアフターマス。羊羹コレクション、新風を起こすイベントになってほしい。
銀座三越、リニューアルしたパワーの見せて。
・京都伏見と和歌山の総本家駿河屋。
それぞれの羊羹は今年の正月にも紹介しており、この9月は京都伏見本店を訪れた。
その辺まとめて書きたいけど、自信がありません。
考えるだけで脳が割れそう。


★「散歩計GPS」★
企画に参加したiPhoneアプリが完成しました♪
散歩マップづくり専用のアプリ『散歩計GPS』登場です!
お世話になっている「Jogboy」開発メーカーに 希望を出しているうちに企画から参加。 まさに夢のようなアプリが実現しました。
実際に作ったマップがこれ
 歩きながら自動的に距離や時間、消費カロリーを算出、写真も同時にアップ。 ツイッターと連動okで、画像アルバム&マップが作れるのは「「Jogboy」」とおなじ。
 画期的なのはバスや電車で移動中も記録できるうえ、
お茶やごはんで停止しているときは“休憩”にセットできること。
カメラとしても使いやすく町名も自動入力、欲しい機能がパーフェクトです。
 ワタシは今回、テストウォーカーとして、ツイッターしつつ谷根千や向島のマップを作ったけど、ホントに便利。
iPhoneユーザーはぜひお試しあれ♪『散歩計GPS


お知らせ
読売文化センター講座「東京のお菓子を歩く」、詳細はこちら と こちら
あんころりんプロデュースのiPhone&iPadアプリ
「和菓子wagasi」−東京のお菓子・菓子パンを歩く
iphone
内容紹介&サポートサイト
「和菓子wagashiー東京のお菓子・菓子パンを歩く」サポート

高 由貴子著
東京 いとしの和菓子 あんころりんのおやつめぐり

カラー写真も美麗

表紙(帯別)です♪

“いますぐ行きたい東京の和菓子屋さん、パン屋さん”を満載。
便利な地図も好評です。
東京のおやつめぐりをご一緒に
和菓子の楽しさを再発見する
   小さな旅に出かけませんか


↓よかったらクリックを!
人気blogランキングへ
人気ブログbanner_02.gif
posted by あんころりん at 18:13| 東京 ☀| Comment(8) | TrackBack(0) | 羊羹コレクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
わーい!(^^)!
いよいよ関西圏ですね。
goshiki、どの味にも興味津津。
「淡い羊羹」・・・どういう感じなのでしょう??
Posted by coo at 2010年12月10日 07:16
和菓子そのものにもいろいろな歴史物語がありますけれど、羊羹って奥が深いなあ、とあらためて感じさせられております。なんだかすごいね、駿河屋。
練り羊羹は苦手〜なんてこといってないで、きちんと向き合わなければと、大げさでなく思ったりして。

あと10店? 2日に1店ずつで年内に終わりますね〜(へんな応援だけど、応援もしてるし楽しみにもしているのです!)
Posted by kozue at 2010年12月10日 17:45
cooさん
ようやく大阪、なんだか東海道歩いてるみたいです(笑)
>淡い羊かん、
煉羊羹の食感で蒸し羊羹のような素朴な甘み、と言うか…。早い話あっさりした羊羹です、ってみもふたもない表現ですみません。
Posted by あんころりん at 2010年12月11日 23:33
kozueさん
羊羹の歴史を調べるとそのバックグラウンドの大きさにあたふたしてしまいます。駿河屋を書くに際し、どうやってまとめるか、考えるだけでとユーツに。9月に京都の店を訪れたのですがそこで伺った話もおもしろくて。書きたいような避けたいような…。
応援と楽しみ、そのふたつを頼りにモチベーションキープできます、ほんとうにありがたいよ〜。
それにしても早く終わらせてラクになりたい(笑)
Posted by あんころりん at 2010年12月11日 23:43
煉羊羹より蒸し羊羹の方が先にあったのですねぇ。私、かなり蒸し羊羹好きです。
それにしても、たかが羊羹と侮ってはいけませぬな〜。
しょうがそのものは凄く好きなんですが、お菓子になるとどうも・・・。なのではちみつ生姜羊羹もどうかな・・・?
Posted by いもすけ at 2010年12月12日 12:54
いもすけさん
素朴なかんじでおやつ向き、鯨ようかんも蒸し羊羹に近いですよね。
生姜飴がダメならお好きではないように思います。でもなんだか意外(笑)。
Posted by あんころりん at 2010年12月13日 07:17
羊羹の駿河屋が大阪に暖簾分けしたお店があっても不思議ではありませんが、知りませんでした。

「はちみつ」とは「甘ったるくないのか?」と思いましたが生姜も使っているのですか?
しかし、羊羹の世界は幅が広く奥が深いですね。
Posted by 笹団子 at 2010年12月13日 22:58
笹団子さん
煉羊羹黎明は秀吉がらみなので、京都大阪どちらにも必要だったのでしょうね。興味ふかいことです。
はちみつ生姜、はちみつの味は殆ど感じられず、基本生姜羊羹といった味わいです。数あるニューウェーブ羊羹のなかでもっとも成功したひとつのような気がします。
Posted by あんころりん at 2010年12月14日 00:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
・街歩き、お店巡りに! 歩きながら距離や時間、消費カロリーを算出、写真保存機能付。
散歩計GPS

・わんこ好き、ネコ好きに!
わんわんセッション
にゃんにゃんセッション




facebook あんころりん