あんころりんのiPhoneアプリ
「和菓子wagasi」−東京のお菓子・菓子パンを歩く

2011年04月13日

「東北の和菓子店」訂正・お詫び・お知らせ〜宮城/紅蓮屋心月庵 丹六園 石橋屋…松島こうれん 志ほがま 仙台駄菓子

IMG_7583.JPG 
IMG_7578.JPG

和菓子wagasi−東京のお菓子・菓子パンを歩く


先月の記事「東北の和菓子店」について
内容の訂正です。

本文中、
3月24日時点で東北の和菓子10店の無事
確認できた旨を書いているのですが・・・


人気blogランキングへ
人気ブログbanner_02.gif

小さな画像はクリックで拡大♪

・・・ 正しくは4月9日まで連絡がとれず
安否確認の取れないお店が数軒ありました。

宮城県松島市「紅蓮屋心月庵(松島紅蓮)
宮城県塩釜市「丹六園
宮城県仙台市若林区「石橋屋」。

この三店は3月24日時点において
電話等通信が途絶えた状態だったのです。
訂正してお詫びします

じつはワタシ自身も記事を書きながら
松島紅蓮丹六園の店舗は流されてしまったのではないかと
強い危惧の念を抱いていました、
が、各店の方々の生命は無事との情報を得て記事にしたのです。

IMG_7269.JPG IMG_7268.JPG
銘菓「志ほがま」謹製元『丹六園』。右は志ほが満の箱

3/24以降も詳細を知るべく検索したけれど具体的な安否確認は掴めなかった。

そこで4月10日、つまり震災から1ヶ月になる前日に
思い切って高島屋和菓子バイヤーのH氏に電話をしてみました。

以前からお世話になっているH氏は小さな個人経営店の素晴らしさも熟知、
これまで百貨店で扱うことのなかった生菓子、餅菓子なども店頭に並べた敏腕バイヤーです。
彼なら詳細をご存知かもしれないと携帯を鳴らしてみたのです。

はたして…H氏の言葉は愕然とするものでした。
紅蓮屋心月庵、丹六園、石橋屋の三店はいまだに電話すら繋がらない。

H氏自らも実際に東北まで赴き、情報収集に努めたそうですが
結局、安否確認ができないまま今(4/10)に至ったと言う。
その声のトーンは心なしか重たいものでした。

電話を切ってしばらくはぼんやりとしてしまった。
680年の歴史ある『紅蓮屋心月庵』、
現当主で十一代目を数える老舗『丹六園』、
郷土駄菓子を確固たる存在とたらしめた『石橋屋』


P1040571.JPG
『石橋屋』仙台駄菓子 黄粉くし南京

この国の大切な文化を守り続けてきたお店なのに…
99%もうダメなのかと不覚にも睫毛が湿ってしまった。

…と、ところが。
1時間後、再びH氏から連絡。
こんなことってあるんでしょうか!!
先ほどとは声の調子が変わっていました。

な、なんと!
紅蓮屋心月庵のご当主からファックスが届いていたというではありませんか。
そこで、すぐさま丹六園、石橋屋に電話をしてみると繋がり、
それぞれご主人は無事で、早くも復興に向けて一歩踏み出したことを伝えられたのだそうです。
ああ、なんという不幸中の幸い。

IMG_7268.JPG
松島こうれん しおり


以下に紅蓮屋心月庵
(H氏から伺ったご主人とのやりとりから推する)
災からの概ねの状況(印象)を書きます
4/10時点で携帯電話は繋がりにくく、市が貸し出す電話でfaxを送られたそうです。

まず最初に宮城郡松島町「紅蓮屋心月庵」のロケーションですが
店舗及び工房は日本三景・松島のすぐそば、
伊達家の菩提寺である「松島瑞巌寺」からほど近い処にあります。

ご存知のように隣接する東松島の被害は深刻なものです。
ところが松島の方は、松島湾に浮かぶ日本三景たる島々が津波緩衝の役目を果たし
壊滅的な被害にはいたらなかったそうです。

思い出したのは「松島が守ってくれた」という数日前の新聞記事。
恐ろしい自然の猛威を受け止めたのは、自然が織り成す風光明媚な島々だったのです。

IMG_7576.JPG P1220424.JPG
包装紙の文字は紅蓮尼の詠んだ「咲けかしな今は主と名がむべし軒端の梅のあらんかぎりは」

とは言え、
海辺から遠くない店は冠水し、がれきで埋め尽くされてしまった。
しかし再開に向けてさっそく工房の機械を注文した、と
力強い言葉があったそうです。
そのうえ日本橋高島屋の安否まで心配されていたというのです。

想像を絶する未曾有の災害に遭われてなお
立ち上がって前に進み、泣き言も言わずに相手を気遣う。
人間としての寛大さ、伝統を守り抜く精神力に
ただただ感服してしまいました。

IMG_7577.JPG

あらためて
一子相伝製造元 松島紅蓮本舗 紅蓮屋心月庵」について
少し書きます。

こちらは嘉暦2年(1327年)、松尾芭蕉「奥の細道」(松島や…)で知られる
松島の地に創業した684年の歴史ある老舗です。

前述の由緒ある名刹「松島瑞巌寺」とたいへん縁が深く、
その縁は鎌倉時代、祖先・蜂谷掃部が観音さまの慈悲で子を得たことに始まります。
この子の許嫁が米問屋の娘"谷"。松島こうれん生みの親です。

この娘は嫁ぐ前に亡くなってしまった許婚の両親(舅姑)に仕え、
舅姑亡き後は出家した孝女伝説の尼僧 紅蓮です。

P1220428-1.JPG
松島こうれんの由来。興味ある方はクリックして読んで

尼僧となって名を紅蓮とあらため、庵=心月庵を開いて
観音様に参拝した人たちが供えた米を粉にして煎餅を焼き、
村人たちに施したのだそうです。
このうるち米のお煎餅が松島こうれんです。

米どころとして名高い宮城県。
そのササニシキをつぶした粉(新粉)と塩、上白糖だけを原料とする
清らかな白いおせんべい。
噛めばはらりと崩れる軽やかな口あたりは
お年寄りから小さい子まで安心して口にできます。

そして♪
焼いたお米の香りが芳しい松島こうれん
ウレシイことに一枚たったの10キロカロリー

ほのかな甘さですからウェハース感覚で食べるもよし、
あるいはダイエット中、クラッカーみたいなスナックとしてもイケます。

IMG_7584.JPG
生地のつくり方は一子相伝の銘菓 焼きの作業は女性スタッフによるもの

ワタシは薄くスライスした羊羹を挟んで(自分で作る)"こうれんサンド"も好き。
2枚ずつ密封されてるので緊急用携帯食としてもオススメです。
(賞味期限1ヶ月。経験では缶に保存(乾燥・涼所)でかなりの期間、問題なし。"こうれん生地"も販売していたのでこんどはそちらをぜひ常備したい。)

まもなく製造再開されるでしょう"松島こうれん"
数ヵ月後、高島屋で東北のお菓子イベントが開催されるかもしれません。
いえ、ぜひ開催してほしい。

というわけで。
丹六園と石橋屋については次回
以降に書きます、必ず。

桜前線は北上中です。

サクラ咲ケ。


追記:上記三店は通常は高島屋新宿店B1F 銘菓百選にて通年取扱い品です。まもなく店頭に並ぶことでしょう。
※なお文責はすべてあんころりんです。

3月24日付 東北の和菓子店
丹六園の過去関連記事
・参考書籍
直伝 和の極意 彩りの和菓子・春紀行 」「和菓子風土記 」「美味探訪日本のお菓子」「全国 五つ星の手みやげ


●店と菓子のデータ
紅蓮屋心月庵 宮城県宮城郡松島町松島字町内82 関連サイト 
・松島こうれん(うるち米 上白糖 食塩)一袋2枚、紙箱入10袋など。単品は発送不可
プレーンのほか麦芽糖、和三盆の三タイプ。他にこうれん生地(一袋12枚入)など
丹六園 宮城県塩竈市宮町3-12  関連サイト
石橋屋
高島屋新宿店  銘菓百選



人気blogランキングへ
人気ブログbanner_02.gif

●もうひとつふたつ●
●たびたびこのブログにコメントを寄せてくださっているRisaことタニカワリサさんが4/15(金)よりグループショウ「doT’n’StRipes ミズタマとシマシマの冒険」を開始します。
いつもすんごくチャーミングな人形を創るRisaさん。今回はどんな作品を見せてくれるのでしょう?
なお作品売上金の一部を義援金として寄付なさるそうです。 詳細はこちらで。ワタシも行こうっと♪
拙著でご紹介させていただいた、
池袋「どらやき すずめや」がGWに雑司が谷「ギャラリーシャコ(南池袋3−4−19)」をオープンします。
オープン記念の展示「はと博覧会」(4/29〜5/15)
イベント:「ハトニワカーテンらくがき大会」(4/29)ことちゃんのぴーひゃら笛ライブ(5/15)
時間等の詳細はすずめやHPブログにて
楽しそうではありませんか。ワタシも行こうっと♪

お知らせ
★「散歩計GPS」★
企画参加iPhoneアプリ
散歩マップづくり専用のアプリ『散歩計GPS
実際に作ったマップがこれ
歩きながらに距離や時間、消費カロリーを算出、写真保存機能あり。。 『散歩計GPS

読売文化センター講座「東京のお菓子を歩く」
4月期、詳細はこちら

和菓子とパンのiPhone&iPadアプリ
「和菓子wagasi」−東京のお菓子・菓子パンを歩く
iphone


和菓子の楽しさを再発見
   

★書籍『東京 いとしの和菓子 あんころりんのおやつめぐり
*高 由貴子著
美麗カラー写真と共に“東京の和菓子屋さん、パン屋さん”を満載。地図付き。

人気blogランキングへ
人気ブログbanner_02.gif
posted by あんころりん at 18:31| 東京 ☀| Comment(11) | TrackBack(0) | 東北 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ご存知でしょうが、NHK教育で火曜日の午後10時25分から和菓子の番組が4月から始まっています。 全10回で5月10日に仙台の和菓子が紹介される予定ですが、「変更するかもしれない」旨の紙が挟んでありました。 取材予定のお店が石橋屋と紅蓮屋心月庵です。 お店の状況にもよりますが、できれば放送してもらいたいですね。
Posted by 笹団子 at 2011年04月14日 01:00
本当に良かったです。
どんな業種にも関わらず、あのような悲惨な状況から立ち直ろうと前向きに頑張っていらっしゃる方々を見ていると、私が元気を貰います。
本当に頑張っていただきたい!そのために出来る事をしていきたいと心より思います。

私もNHKの和菓子の番組、見ております。
仙台の和菓子も紹介の予定なのですか。放送されるといいですが・・・。
Posted by いもすけ at 2011年04月14日 06:31
笹団子さん
前回の放送見てましたよー、今後も楽しみですね。そうそう、参考書籍の一番目がそのテキストです。貴重な映像ですからぜひ放送してほしいですよね、嘆願するべきかしら?
Posted by あんころりん at 2011年04月14日 07:52
NHK番組サイトによると、5月の放送は愛知のお菓子にさし変わるようです。復興後またいつかの機会に、何らかの形で放送してほしいですね。
再開に向けて動き出したとの知らせは、被災していないわたしたちでさえ勇気づけられます。次の記事も待ってます!
Posted by kozue at 2011年04月14日 14:51
補足させていただきます。

NHK教育の「直伝 和の極意 彩りの和菓子 春紀行」の5月10日(火)放送予定の第7回ですが、Kozueさんのおっしゃるとおり「愛知 茶菓子 殿様が築いた創意の味わい(仮)」となるようですね。

http://www.nhk.or.jp/kurashi/wagoku/

仙台の老舗の件は残念ですが、愛知県のお茶菓子とは抹茶の産地・西尾でしょうか? これはこれで楽しみです。
Posted by 笹団子 at 2011年04月14日 22:09
いもすけさん
ほっんとに良かった〜と感動しました。文章で書くとあっさりしてますが、ワタシの気分は完全に減りんじゃった(泣きが入った)状態から奇跡的に突然光明が差したようなかんじで。皆さんの力強さにはただただ感服するばかり。人間って強いなあとあらためて驚いています。
NHK、kozueさん笹団子さんのコメントにあるように今回は変わるみたい。どこかで放送すべきだと思うんですけど。
宮崎もまだまだ大変な状態から抜けていないんですよね。そちらも忘れないようにしなくては。
Posted by あんころりん at 2011年04月15日 15:01
kozueさん

>被災していないわたしたちでさえ勇気づけられます。
ホントに。今更ながらに伝統を支える方の力強さに胸を打たれます。
>次の記事も待ってます!
おう,待ってくれ!
Posted by あんころりん at 2011年04月15日 15:05
笹団子さん
ご丁寧にありがとうございます。名古屋も楽しみですね。東北もまた必ず放送していただきたいものです。
Posted by あんころりん at 2011年04月15日 15:07
おいしそうですね!
食べてみたいです(*^o^*)
Posted by お金の儲け方 at 2011年04月15日 21:40
丹六園さんどうされたかと情報探しておりました。よかったです。
Posted by なつみ at 2011年04月19日 15:27
なつみさん
こんばんは。丹六園さんの安否はなかなか確認できなかったようですね。さぞご心配されたでしょう。ご無事だったこと、そしてなつみさんも安心されたようで良かったです。
Posted by あんころりん at 2011年04月20日 21:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
・街歩き、お店巡りに! 歩きながら距離や時間、消費カロリーを算出、写真保存機能付。
散歩計GPS

・わんこ好き、ネコ好きに!
わんわんセッション
にゃんにゃんセッション




facebook あんころりん