あんころりんのiPhoneアプリ
「和菓子wagasi」−東京のお菓子・菓子パンを歩く

2011年05月13日

福島県二本松市/玉嶋屋〜煉切:チューリップ、桜…ほか季節の上生菓子

P1230215-1.JPG
春の上生菓子"チューリップ"後味のよさが際だつ
P1230234-2.JPG
小倉野 散らしたきんとんは春の色
P1230203-1.JPG
サラリとなめらかな煉切"桜"


和菓子wagasi−東京のお菓子・菓子パンを歩く

福島県二本松市「玉嶋屋」から
生菓子を取り寄せました。

玉嶋屋は江戸時代後期に創業した老舗羊羹舗
ワタシにとっては
昨年もっとも印象に残った・・・


人気blogランキングへ
人気ブログbanner_02.gif

小さな画像はクリックで拡大♪

・・・御菓子屋のひとつです。

ブログタイトルにはひっかからない
"ちょっと遠くの羊羹"にすっかり心奪われた、2010年秋。

出会ったのは昨年11月の三越・羊羹コレクション会場。
そう、おいらのブログで怒涛の(と言われているらしい)
30回連続更新した羊羹コレクション
もっとも印象に残ったのがこちらの本煉羊羹なのです。

その惚れこみようの詳しくはこちらの記事をご覧ください。

P1240132.JPG
本煉羊羹

あらためて紹介しますと
玉嶋屋は弘化2(1845)年より以前に創業、
二本松藩御用菓子司を勤めた166年以上の歴史ある、
地元でもたいへん名の通った由緒ある御菓子司です。

じつを言うと二本松藩を知らなかったワタシ。
ガイドブックによると
治めた丹羽公は織田信長配下の武将で丹羽長秀を初代とする名家。
代々、茶の湯を好み、茶器収集にも心を注いだ茶人大名の血筋のようです。

二本松に寛永20(1643)年に入部した初代藩主が丹羽光重公。
光重公によって築城された「二本松城」はとても魅力的な名所旧跡に思えます。
丹羽家の詳しくはいつも頼りにしているけんさんのこちらの記事で。

P1230017.JPG
今回取り寄せたさまざまなお菓子たち

二本松で最初の菓子司は「玉屋」といい
こちらの5代目が当時の藩主より
「江戸に出て製菓法を学び、煉羊羹並びにしほがま製法のひもを得て帰すべし」
と藩名を受け、実際に江戸で菓子作りを修得したという。
帰ってから、さらに研鑽を積み,完成されたのが二本松羊羹です。
徳川家に献上した銘菓は東北各藩の藩主にも重用されたそうですが
くだんの玉屋は維新後に廃れてしまいました。

おなじく御用菓子司であった玉嶋屋が旧来の製法を守り、
いまなお23年もの楢(なら)材の薪で炊いたあんを用いて、菓子づくりをしているのだそう。
(以上来歴について「ふくしまグラフ」より)

P1230211-1.JPG
「玉嶋屋」春の上生菓子

「旧来の製法を守る。」
そう謳ったお菓子は数あれど、画像で見る「玉嶋屋」の菓子づくりには生半でない気概を感じます。
(以前は福島観光物産HPのここに動画あったが休止中)
ま、画像よりなにより味が素晴らしいので信じるに足ります。

***
さて東日本大震災発生後
福島県で真っ先にワタシが思い浮かべたのは「玉嶋屋」。
福島仲通り地区がどれほどの被害だったのか、とても気になった。
いま見ると二本松市は震度6強、恐ろしく激しい揺れに襲われたのです。

じつは羊羹コレクションの記事をご覧になった玉嶋屋ご当主から
とても丁寧なメールを頂いたのきっかけに
何度かメールでのやりとりをさせて頂いたことがある。
心から羊羹がお好きで、たゆまぬ研究心をお持ちの誠実なお人柄が伝わる文面に、少なからずワタシは感激しました。

筆まめでいらっしゃるご当主は
HPで逐一、震災後の状況を伝えており
当初、お店の皆さまも店舗も無事、と安心したのもつかのま
すぐさまガソリン不足と原発事故の影響で一旦店を閉め、
その後再開…原発事故による影響を心配されているのがリアルに伝わりました。

・・・・
P1230040-1.JPG
全15種類 堪能〜♪

そんななか、GW直前、日曜日の朝、
電話で注文したお菓子の箱が届きました。

今年は二本松訪問を考えていたけれど、いつになるかわからないし
ならばこの時期、僅かでも売上の足しに、と取り寄せを試みました。
いわゆる"お取り寄せ"をすることは稀 ですが 今年はそうも言ってられません。

木の葉饅頭、浮草、志保閑満など伝承銘菓のほか上生菓子5種を含む
計15種類(40個程)のお菓子を並べたさまは壮観このうえない。
きーもちいい〜。

P1230021.JPG
次回あたりご紹介したい。ステキな木の葉饅頭、中身は…

上生菓子は電話で説明していただいた中から
チューリップ、桜、小倉野、松求肥、春の息吹を選びました。

で。予想をはるかに越えて美味しかったのよ〜、とりわけ練切類。

これまでの経験では。
上菓子の店以外で上生菓子を選んで、良い印象を得たことが少ないのですが。
「玉嶋屋は小豆あんだけでなく白あんもとても良いようです。
さすが羊羹舗。

P1230239.JPG

銘を聞いて真っ先にそれ!と決めた"チューリップ"
大胆にも燃えるような朱赤で直球の意匠。
かーわいい♪ではありませんか。
そして、なめらかな舌ざわりに抑制の効いた甘さ。

こちらの羊羹に通じる後味の良さ、爽快感があります。
煉切にありがちな独特のにおいも感じられません。
よくよくしおりを読むと
「煉切のあんは各色ごとに炭火で小煉し煉切ったものを使う」のだそう。
なーるほど。バックボーンとなっているのは本煉羊羹の技術だ。
ワタシの印象もあながち遠くなかったわけね。ほっ

P1230300-1.JPG
中あん、なめらか〜

もうひとつの"桜"もいっそうさらっとしたくちどけ。
朝からためらいなくすんなり頂きました。ははは。


分析っぽくなりますが
原材料名から推すと煉切に加えるのは求肥でなく餅米。
練切には白あんに白玉粉と水飴で作った"求肥"を加えるタイプと
餅粉でつくる餅生地を加えるタイプなど店によってさまざまです。

水飴を用いない玉嶋屋は後者に近いつくり方と思われます。
あるいはなにもつなぎを加えない…?

P1230254-1.JPG
こし餡をくるんだ松求肥も上生菓子。おそらく通年もの

あまりに色鮮やかだと心配になるけれど
玉嶋屋は着色にくちなしやコチニールを主に用いています。

こういった細やかな心遣いが散りばられていると
真っ赤なチューリップを頂く楽しさもことさらに軽やかです。

P1230308-1.JPG
鹿の子に淡紅色のきんとんを散らした"小倉野"中はこしあんと羊羹

上生菓子を送るについてお店のスタッフは躊躇されていた。
が お願いしてムリヤリ送って頂いた、ありがとうございます。
さすがに柏餅は「風味が落ちるので…」とやんわり断られたけど。はは。

でもって。
ほかのお菓子がまたまたすンばらしく良かったのだー。

P1230261-1.JPG
軟らかな雪平で白あんを包んだ"春の息吹"

くまなく取り上げれば玉嶋屋コレクション?
いまのところ書く気満々ですのでお楽しみに♪
…うわー宣言しちゃった、大丈夫かオレ・・・

あ、それから最近の玉嶋屋HPを拝見すると
GWは多くの方が店に足を運ばれたようです。よかった♪


人気blogランキングへ
人気ブログbanner_02.gif


●店と菓子のデータ
玉嶋屋
※都内では最近話題のふくしま八重洲交流館で代表銘菓「玉羊羹」を
そして宮崎ではみやざき物産館で一口羊羹、玉羊羹を販売中…と思ったら本日(3/13)終了……いもすけさーん

・4月下旬の上生菓子:チューリップ、桜、松求肥、小倉野春の息吹(各210円)
原材料名:小豆、印元、餅米、寒天、卵白、着色料(コチニール赤、くちなし黄、くちなし青)着色料(黄4)

twitter

●過去の東北関連記事
白松がモナカ本舗
福島県いわき市と玉嶋屋
福島県いわき市の和菓子とパン
3月24日
4月13日
高島屋東北応援フェア
宮城県塩釜市/丹六園
福島/本家長門屋・かんのや 岩手/まつだ松林堂etc
他多数

★もひとつ
待ちに待った宮城県塩釜市「丹六園」の志ほがまが5月28日入荷します。
高島屋新宿店・銘菓百選「東北の味を紡いでいこう」東日本銘菓特集
詳細は下記リーフレットを拡大してご覧ください。
高島屋新宿店
銘菓百選ブログ

高島屋 5月号(東北)新宿.pt.jpg


★周囲の皆さま
●ギャラリーシャコ●
オープン記念「はと博覧会」(4/29〜5/15)
イベント:「ハトニワカーテンらくがき大会」(4/29)終了・ことちゃんのぴーひゃら笛ライブ(5/15
時間等の詳細はすずめやHPブログにて
ハトゴヤことちゃん

●内田春菊さん初監督作品●
うん十年前からお世話になっている内田春菊さんの初監督作品「お前の母ちゃんBitch」が発売されます。
その記念ライブイベントが5月26日「SARAVAH東京」にて
詳細は「SARAVAH東京
お菓子散歩にかっこいい着物姿でやってくる春菊さんのライブ。ワタシも行きます♪

P1230313.JPG

お知らせ
★「散歩計GPS」★
企画参加iPhoneアプリ
散歩マップづくり専用のアプリ『散歩計GPS
実際に作ったマップがこれ
歩きながらに距離や時間、消費カロリーを算出、写真保存機能あり。。 『散歩計GPS

読売文化センター講座「東京のお菓子を歩く」
4月期、詳細はこちら

和菓子とパンのiPhone&iPadアプリ
「和菓子wagasi」−東京のお菓子・菓子パンを歩く
iphone


和菓子の楽しさを再発見
   

★書籍『東京 いとしの和菓子 あんころりんのおやつめぐり
*高 由貴子著
美麗カラー写真と共に“東京の和菓子屋さん、パン屋さん”を満載。地図付き。

人気blogランキングへ
人気ブログbanner_02.gif
posted by あんころりん at 19:17| 東京 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 東北 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
チューリップ、かわいい〜♪
へえーよく上生菓子の販売を、と思って読んでいたら、無理言ってらしたのね(笑)
では続きを楽しみにしておりまーす!
Posted by kozue at 2011年05月14日 00:23
おお〜っ、大量のお取り寄せでしたね〜!
いや〜しかしどれも素晴しい&美味しそう♪
(うっ、「木の葉饅頭」気になります)

そう、こちらの物産館では東北応援フェアは期間が短すぎ!行きそびれちゃいました・・・。
しかし、何かの形で応援しますぞ。なんてことのないスーパーに意外に置いてあることもあるので。

しかし、和菓子に限らずですが、着色料って付けないとやっぱり見た目が良くないのかな・・・
原材料で「着色料」の文字を見るとどうも・・・。
Posted by いもすけ at 2011年05月14日 07:30
kozueさん
積極的に薦めてはいないと思うけれど、ぜひに!と言えば送ってくださいます。ま、それがムリやりってことですけど。
チューリップ、味もよろしかったのです。次回からどんどこいくつもり、です。
Posted by あんころりん at 2011年05月15日 12:59
いもすけさん
朝生と違って多少日保ちすると思うと気が大きくなります。どれも魅力的で、順に紹介したと思います。が…できるだろうか。
上生菓子のほとんどはいわゆる食紅の類(合成着色料)と使っているようです。コチニールは動物性、くちなしは植物性の着色材で、合成着色料を避けるお菓子屋さんはこれらを使う傾向にあるようです。ワタシも出来れば避けたい反面、中華菓子や沖縄菓子に色がないと気分的に盛り上がらないってのはなくはないです。でもやはり生菓子のドギツイ色には閉口します。
Posted by あんころりん at 2011年05月15日 13:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
・街歩き、お店巡りに! 歩きながら距離や時間、消費カロリーを算出、写真保存機能付。
散歩計GPS

・わんこ好き、ネコ好きに!
わんわんセッション
にゃんにゃんセッション




facebook あんころりん