あんころりんのiPhoneアプリ
「和菓子wagasi」−東京のお菓子・菓子パンを歩く

2011年05月19日

福島県二本松市/玉嶋屋〜家傳銘菓「浮草」 100年前の大人の甘いもん

P1230060.JPG
江戸時代傳承菓子"浮草"。まぶした白いサラサラは…

和菓子wagasi−東京のお菓子・菓子パンを歩く

予告通り江戸伝承菓子の続きです。

福島県二本松市「玉嶋屋」から取り寄せた、
江戸時代からつくり続けているというもうひとつの・・・


人気blogランキングへ
人気ブログbanner_02.gif

小さな画像はクリックで拡大♪

・・・菓子を紹介します。

「江戸時代からのお菓子」。
これが実際、江戸から続く御菓子師がくり出すとあっては
和菓子好きの(でなくとも)興味をひかずにはおれない。
※玉嶋屋の来歴・製法などはこちらの記事

と、前回木の葉饅頭の記事で書きましたが、
そう、この"浮草"も江戸時代…口伝では文化文政の頃…に創製されたのだそう。
化政文化ウィキペディア=(1804年〜1829年))

木の葉饅頭はHPで見るそばから激しく興味を惹かれたのですが
この浮草はけんさんからのオススメがあって俄然注目しました。
けんさんの浮草紹介記事。けんさん、いつもありがとうございます♪

P1230023.JPG


というわけで。
箱を開けた途端、またまた叫んだ「かぁッこいい〜〜」。
簡素な紙箱にサラサラの白い粉をまぶした菓子がそのまま並ぶ。
上に一枚、手書き風のこれまた簡素なしおりがひょいっと乗せてあり、
開口一番「浮草は一口最中です」。

玉嶋屋のこういったパッケージセンスがとても好き。
本煉羊羹しかり浮草しかり。
菓子そのものをバシッと提供する、その挟持がかっこいい。
そもそも庶民に向けた安価な菓子。過剰包装は不似合いです。

かと言って乾きすぎるのも現代の味覚にそぐわないと考えたのでしょう
玉嶋屋さん、なんと大胆に紙箱(や竹皮)ごと真空パックしちゃってます。
これがなんとも微笑ましい。

P1230019.JPG
こちら紙袋

そう、オーバーデザインの外箱や
過分に凝り過ぎた個包装ほど菓子の美しさを損なうものはありません。
ビニールパック開けてるうちにシラケてしまい、味だって半減。
玉嶋屋の多くは包み方からして我が心を捉えてくれます。

さておき。 一口最中"浮草"は一見すると氷餅をまぶした餅菓子のよう。
しおりに拠ると
「浮草の命名は第一にその小さく丸い形状から
…第二に丹羽公が当時羊羹が高級菓子で庶民の口には入らなかった為に庶民のお菓子として考案。
安くて値がないもの…水に漂う根の無い植物、浮草に掛けてこの名を付けた」のだそう。

P1230024.JPG
しおり クリックして

でもって。周りにまぶした白いサラサラ。これ砂糖です。
石衣のようなすり蜜でなく、直球の白砂糖。
この砂糖がけを施すようになったのは後の工夫だそうで。
しかし最中皮に白砂糖をまぶすって…あまりにも斬新。
甘さひかえめ〜だなんて軟弱なこと言ってられない、
やはりひとくち菓子はがっちり高糖度でなくっちゃね。

P1230266.JPG
直径4センチに満たない

そんな砂糖がけ効果によるものか皮の表面はコツんと固め。
この、手のひらに収まるほどの小さな丸い皮は
創製されたときと同じ、焦がさないのも昔のままなのだそう。

そして"浮草"もまた玉嶋屋の真骨頂である煉羊羹や
木の葉饅頭と同じに伝統の製法によるもの。
あんは樹齢23年の楢の薪を焚いてエンマべらで煉りあげる。
そればかりか全工程を古来の方式に則っているのだそう。

焦がさない小さな皮にサラサラとしたこしあんを挟み
仕上げに白砂糖をたっぷりまぶした一口最中。

P1230064.JPG


サクっとした口あたりにギュッとした甘さ。
ワンショット、こっくり甘いもんが食べたーい。
そんなときにふさわしい、どちらかと言えば大人の甘いもん。
十代の頃は手が出なかったであろう密度の濃いお菓子です。

二本松に息づく江戸伝承の菓子"浮草"。
二本松の殿様は庶民の暮らしぶりをよく解っていたに違いない。
餅米でつくった最中皮にしっかりと煉り上げたあん。
砂糖が貴重だった時代に宝石のように濃縮された甘み。
細胞の隅々まで沁みわたるよなあ。

P1230058.JPG

これもまた「食べればキミもタイムトラベラー」。


あともひとつ、どーしても書きたい…。


人気blogランキングへ
人気ブログbanner_02.gif


玉嶋屋過去関連記事
羊羹コレクション(本煉羊羹)
被災について
上生菓子
木の葉饅頭(&くまたぱん)
●店と菓子のデータ
玉嶋屋 ※都内ふくしま八重洲交流館で代表銘菓「玉羊羹」が入手可能。
・浮草:9個入(525円!)小豆 砂糖 水飴 糯米(賞味期限:3週間)
P1230022-1.JPG

twitter

●過去の東北関連記事(昇順)
白松がモナカ本舗
福島県いわき市と玉嶋屋
福島県いわき市の和菓子とパン
3月24日
4月13日
高島屋東北応援フェア
宮城県塩釜市/丹六園
福島/本家長門屋・かんのや 岩手/まつだ松林堂etc
宮城県塩釜市と丹六園再開
福島県玉嶋屋の上生菓子 福島県玉嶋屋の木の葉饅頭、くまたぱん本舗のくまたぱん
他多数

★もひとつ
待ちに待った宮城県塩釜市「丹六園」の志ほがまが5月28日高島屋新宿店に入荷します。
問合わせ先・高島屋新宿店 ・銘菓百選ブログ

高島屋新宿店・銘菓百選「東北の味を紡いでいこう」東日本銘菓特集
も続行中。下記リーフレットを拡大してご覧ください。
高島屋 5月号(東北)新宿.pt.jpg


★周囲の皆さま
●内田春菊さん初監督作品●
うん十年前からお世話になっている内田春菊さんの初監督作品「お前の母ちゃんBitch」が発売されます。
その記念ライブイベントが5月26日「SARAVAH東京」にて
詳細は「SARAVAH東京
お菓子散歩にかっこいい着物姿でやってくる春菊さんのライブ。ワタシも行きます♪


お知らせ
★「散歩計GPS」★
企画参加iPhoneアプリ
散歩マップづくり専用のアプリ『散歩計GPS
実際に作ったマップがこれ
歩きながらに距離や時間、消費カロリーを算出、写真保存機能あり。。 『散歩計GPS

読売文化センター講座「東京のお菓子を歩く」
4月期、詳細はこちら

和菓子とパンのiPhone&iPadアプリ
「和菓子wagasi」−東京のお菓子・菓子パンを歩く
iphone


和菓子の楽しさを再発見
   

★書籍『東京 いとしの和菓子 あんころりんのおやつめぐり
*高 由貴子著
美麗カラー写真と共に“東京の和菓子屋さん、パン屋さん”を満載。地図付き。

人気blogランキングへ
人気ブログbanner_02.gif

posted by あんころりん at 06:54| 東京 ☀| Comment(7) | TrackBack(0) | 東北 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おおお〜楽しい記事がどんどん続きますね♪
それにしても、最中と聞いてもなお最中に見えない不思議なお菓子。何より可愛らしくてかっこいい!!
金沢に粉糖まぶしたお正月用最中「福梅」ってのがありますが、「浮草」のようにひとくちサイズなら指先も口もそれほど砂糖まみれにならずに食べられていいと思います(笑)
Posted by kozue at 2011年05月19日 16:03
ふふ、ふしぎな存在感!!
口に入れたら溶けてしまう感じを想像しました(^^ゞ
きれいで涼しげでかつシンプル素朴で・・・パッケージにも魅かれちゃうの、わかります♪
Posted by coo at 2011年05月19日 20:59
螺鈿の箱に入った江戸時代の献上菓子は木村屋のあんぱんくらいの大きさだったと思います。
それを考えると同じ時代で一口、二口くらいで食べられるお菓子は廉価版というのがうかがえます。

といっても二本松のご城下の町人クラス向けだったのではないでしょうか?
Posted by 笹団子 at 2011年05月21日 18:23
kozueさん
実際に手にとってみても最中という感じではありませんし、やはり氷餅のような気がしてしまいます。口に入れるとしっかりした甘さに、むしろ爽快感。
おめでたい福梅、金沢の正月に欠かせないと聞いたときにはかなり驚いたけど、浮島で練習(?)できたのでそちらも対応できる、と思います(笑)
Posted by あんころりん at 2011年05月22日 07:27
cooさん
ふしぎなんです、じっさい。噛み砕くまで最中って気がしません。簡素な箱だからこそ、良さが生きてるってかんじ。わかっていただけるなんてさすがcooさん♪ ちょっと洋菓子のトリュフみたいでもあります。
Posted by あんころりん at 2011年05月22日 07:33
笹団子さん
>螺鈿の箱
あのボリュームでお城の大広間にずらり並んだ様子が見てみたいものです、楽しそう。

>廉価版というのが
判りにくい文章ですみません。記事の本文中にご紹介したように
「…第二に丹羽公が当時・・・なかった為に庶民のお菓子として考案。安くて値がないもの…」
だそうです。
しおりをクリックしていただくとワタシの説明よりきちんとした由来をお読みいただけます。
そうそう、ちなみに砂糖掛けは後の工夫だそうです。
Posted by あんころりん at 2011年05月22日 07:39
>といっても二本松のご城下の町人クラス向けだったのではないでしょうか?
この部分、削除させていただきます。

しおりには「庶民」と書かれてありましたね。
Posted by 笹団子 at 2011年05月24日 00:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
・街歩き、お店巡りに! 歩きながら距離や時間、消費カロリーを算出、写真保存機能付。
散歩計GPS

・わんこ好き、ネコ好きに!
わんわんセッション
にゃんにゃんセッション




facebook あんころりん