あんころりんのiPhoneアプリ
「和菓子wagasi」−東京のお菓子・菓子パンを歩く

2011年08月28日

仙台/元祖仙台駄菓子本舗 熊谷屋〜しそぱん、味噌ぱん、ごぼうきり、いちごまんじゅう他22種紹介@みちのく甘党ひとり旅F

P1300839-1.JPG
しそ!!ぱん♪
P1280967-1.JPG
みそ!!ぱん♪
P1280987.JPG
鉄!!銭〜

和菓子wagasi−東京のお菓子・菓子パンを歩く

"みちのく甘党ひとり旅"の話が続きます。

「元祖仙台駄菓子本舗 熊谷屋」は300年以上の・・・

人気blogランキングへ
人気ブログbanner_02.gif

小さな画像はクリックで拡大♪

・・伝統を誇る老舗中の老舗。
杜の都、仙台で必ず寄りたいお店のひとつでした。

東北地方の郷土菓子に興味があれば仙台駄菓子を外すことはできません。
なかでも熊谷屋は創業元禄8(1695)年、手づくりの技を継承して315年、現在九代目です。
いまなお創業時と変わらない場所で営んでいるとのことで
(どんな店だろう)と出発前から想像をパンパンに膨らませていたのです。

IMG_6763.JPG
旧・北鍛冶町の本店

その日、突然の雨で駆け込んだ本店は地下鉄・北四番丁駅から徒歩3分ほど、市街中心から通り一本離れたエリアにありました。
元禄時代、参勤交代路で北鍛冶町と呼ばれたその地は現在は木町通と名を変え
戦時中の仙台空襲で店舗は焼失、辺り一帯も城下町らしい佇まいは残らなかったようです。


平成2年に改装した建物はいかにも清潔そうで古めかしさは微塵も感じられません。
しかし当然のことながら店内には駄菓子がずらり。
そのうえ本店ならでは!の生菓子や打菓子(落雁)も並んでいます。

P1320126.JPG
特大ラクガン

IMG_6766.JPG IMG_6771.JPG
東京で見かけないお菓子もたくさん♪

さて、ワタシにとって「熊谷屋」と言えば"ささらあめ"。
太い竹を削った数十本の竹ひごの先すべてにシマシマのさらし飴をつけたもので、
先代が考案したこの名菓を昭和天皇もお買い上げになったとか。

包む─日本の伝統パッケージ 」にも掲載されている印象的なフォルムは
ワタシの子供時代にあちこちの亜流キャンデイが真似したもの。
この5月に開催された展覧会でも目立つ場所に展示されてました。
しかしいまだ実際に店頭に並んでいるのを見たことがない。

宮城ふるさとプラザや新宿高島屋においても販売がなかったので
てっきり本店限定なんだーと思い込んでました、が。
なんと数年前から製造中止だそうです、あちゃー。

IMG_6778.JPG
ささらあめ、仙台では昔から縁日の店頭に吊るして売っていたという

伺ったところ、いまではこの竹のささらを作る職人さんがいなくなってしまったそうです。
がっかりしているとお店の方は飾ってある見本を外して見せてくださった。
(見るだけなんてすみませんね)と恐縮してらしたけどお心遣いが何よりウレシくて♪

仙台駄菓子については以前石橋屋の記事で少し書いているのでここはごく簡単に。
−−元禄時代、仙台藩から払い下げられた糒(ほしい:携帯保存できる加工米で兵糧でもあった)に庶民が工夫を重ねて黒糖や米飴・麦芽糖、きなこなどを用いて菓子に創り上げた 素朴な味わいが魅力です。また一方では塩釜に漂着した南京人が伝えた南京糖が始まりという説もあります。
百聞は一見にしかず。
ワタシがこれまで頂いた熊谷屋のお菓子を紹介します。
(文末の 店A=仙台本店、店B=新宿高島屋、店C=宮城ふるさとプラザで購入)


P1220627-1.JPG   P1220823-1.JPG P1220670.JPG P1220783.JPG
"仙台駄菓子袋詰"(10種):右上画像から=こうせん、しぐれねじり、ハッカ、黄金、マコロン 下左:うめぼし、うさぎ玉、ゆびわ、下右:黒ぱん 以上10種類。 詳細はこちらのカゴ菓子説明

P1300849.JPG しそぱん:黒糖にしそ。この甘しょっぱさとムギュっとした噛みごたえがたまらん。材料:小麦粉、砂糖、卵、しそ、膨張材、水飴、ブドウ糖 店A

P1280971.JPG P1280978.JPG 味噌ぱん:米と麹を使った本格ぱん。仙台味噌を用いたコクのある風味ともっちりした口あたりがいかにも伝統の味を思わせる。小麦粉、みそ、米、麹、塩、砂糖、卵、膨張剤 店B

P1290006.JPG
豆糖:大豆、黒糖、水飴と超シンプルな材料だが大豆の歯ごたえで不思議と飽きない。店B

P1310247.JPG P1300683.JPG P1300899.JPG  くるみゆべし、ごまっこゆべし:近ごろの東北ゆべしはアミノ酸や保湿系糖類を使ったものが多く、原材料名で気分が萎えることもたびたびですが、熊谷屋の潔い!材料にえらく感激。
くるみ:餅種、砂糖、くるみ、醤油 ごまっこ:砂糖、餅種、ごま、くるみ、醤油 店A

P1290423.JPG ごぼうきり:仙台駄菓子は大豆粉と餅種を使ったものが豊富でこれもそのひとつ。大豆粉、餅種、砂糖、水飴、黒糖 店B

P1280994.JPG 仙台鉄銭:特大麦こがし。鋳銭を許された仙台藩ゆかりの菓子で形も古色も鉄銭のまま。こうせん粉(=麦こがしorはったい粉)を用い"もみ込み"の技術を生かした。麦こがしに懐かしさを覚えるヒトも少なくない。砂糖、こうせん粉、餅種、塩 店B

P1290828.JPG P1290830.JPG
生菓子・いちごまんじゅう:仙台でたまにみかけるいちごまんじゅうがここにも。皮とあんにホンモノの苺を混ぜ混んでいる。小麦粉、餅粉、砂糖 白餡、苺 膨張剤 店A

P1290804.JPG P1290819.JPG
生菓子・ごまもち、茶饅頭:ごまもちは中に柔らかい餅入り。ただの茶饅頭とおもったらあんにくるみが入っていてびっくり。さすが仙台 店A

P1220828-1.JPG P1220835.JPG P1220673-1.JPG P1220839.JPG
再び"仙台駄菓子袋詰"からのお気に入り:マコロン、ハッカ、うさぎ玉、しぐれねじり。・・ハッカはとってもハッカ。うさぎ玉もなぜだかハッカ風味で(気のせい?)これがすごく良かった。マコロンは熊谷屋製が好みです 

どの駄菓子を穏やかな甘みと素朴な味わい。
刺激的ではないけれど、じっくりと穀物の美味しさを引き出している点ではある意味洗練された食物とも言えます。

仙台駄菓子の店は数軒ありますが、各店微妙に変わるのがまた楽しい。
「元祖仙台駄菓子本舗 熊谷屋」はさすが伝統の味。
本格材料によるしっかりした味と歯ごたえはワタシにとってはたまらない魅力です。

IMG_6775.JPG IMG_6776.JPG

いまだに震災の被害をそのままにした地域は少なくありませんが
こちらの本店は3月11日の揺れは恐ろしくひどかったものの 大きな被害はなかったそうです。
300年の伝統が途絶えることがなかったのには、ひとまず安心して良いのでしょうか。

IMG_6774.JPG

なお、熊谷屋の駄菓子は都内「宮城ふるさとプラザ」で多少購入できますが、 本店から直接送ってもらう(HP通販)のもとっても楽しそうです♪

人気blogランキングへ
人気ブログbanner_02.gif

●twitter


●店と菓子のデータ
元祖仙台駄菓子本舗 熊谷屋
P1300743.JPG

●おまけの話
もっと細かく写真と説明を加えたかったけれど‥あまりに目が疲れて萎えた。
あと 森の香本舗の記事で新たに得た情報を後ほど追加しておくつもり。
「ROMA」の由来です。

●過去の東北関連記事
みちのく甘党ひとり旅@仙台 賣茶翁(売茶翁)
みちのく甘党ひとり旅A仙台 賣茶翁 生菓子とどら焼き
みちのく甘党ひとり旅B仙台 賣茶翁 みちのく煎餅ほか
みちのく甘党ひとり旅C弘前/三浦煎餅店(塔下煎餅)〜特製ハード
みちのく甘党ひとり旅◎D仙台/森の香本舗
みちのく甘党ひとり旅◎E仙台/森の香本舗
白松がモナカ本舗
福島県いわき市と玉嶋屋
福島県いわき市の和菓子とパン
3月24日 東北の和菓子店
4月13日松島こうれん、石橋屋、丹六園
高島屋東北応援フェア
宮城県塩釜市/丹六園
福島/本家長門屋・かんのや 岩手/まつだ松林堂etc
宮城県塩釜市と丹六園再開
福島県玉嶋屋の上生菓子
福島県玉嶋屋の木の葉饅頭、くまたぱん本舗のくまたぱん
福島県玉嶋屋の浮草
福島県玉嶋屋の花がすみ
宮城県石橋屋+気仙沼でボランティア
宮城県/北上京だんご,壽最中.やなぎや,味佳嵯,もちっ小屋でん,もちべえ
いわて銀河プラザ
岩手県/さいとう製菓のかもめの玉子ミニ 大船渡でボランティア 
ずらり30店・東北の菓子フェア@高島屋
他多数


お知らせ
★「散歩計GPS」★
企画参加iPhoneアプリ
散歩マップづくり専用のアプリ『散歩計GPS
実際に作ったマップがこれ
歩きながらに距離や時間、消費カロリーを算出、写真保存機能あり。。 『散歩計GPS

読売文化センター講座「東京のお菓子を歩く」
詳細は「読売・日本テレビ文化センター本部」事業センター本部(03-3642-4301)に問合せ。
※えーと。10月期から土曜講座(@自由が丘)予定。



和菓子とパンのiPhone&iPadアプリ
「和菓子wagasi」−東京のお菓子・菓子パンを歩く
iphone
和菓子の楽しさを再発見
   

★書籍『東京 いとしの和菓子 あんころりんのおやつめぐり
*高 由貴子著
美麗カラー写真と共に“東京の和菓子屋さん、パン屋さん”を満載。地図付き。

人気blogランキングへ
人気ブログbanner_02.gif

posted by あんころりん at 10:32| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(2) | 東北 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
わわわ、なんだナンダこの華やかな特大落雁はっ!!!???
と食いついたのもつかの間、もうささら飴を作っていないなんてーぇぇぇ、とうちひしがれております。ああ、あこがれのささら飴。いいなあ、本物を眺めることができて。ああええわたしは写真を眺めて指をくわえますよ。(なぜかやさぐれている)
まあ味噌ぱんのおいしさを知った時点で満足していたのですが、まだまだ食べてみたいお菓子がありますねー。
Posted by kozue at 2011年08月29日 16:11
kozueさん
こういったデカ落雁やお供え用のお菓子、仙台や弘前でやけに目につきました。惹かれるんだけどそうそう持ち帰るわけにもいかず。
>ささらあめ
そーなのよ、これってやはり知られていないことだったんですねー。きっと縁日で見ることなんてもはやあり得ないことなんでしょうか。
しそぱんがまた美味しいのですよ。しおがまもかなりイイ感じで。ほんとに駄菓子って奥が深いなあとなにか口にするたびに思い知るのですよね。
Posted by あんころりん at 2011年08月30日 21:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/222776335
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

仙台駄菓子 その3〜日立家、熊谷屋、中鉢屋 それぞれの味
Excerpt: 気力が続かないので(苦笑)、続きの3店舗まとめてご紹介します。 「日立家」の仙台
Weblog: とべないとりのおいしいBlog
Tracked: 2012-07-03 17:39

熊谷屋(仙台)のささら飴と、復活! 編みぐるみ和菓子店
Excerpt: お待たせしました! え? べつに待っていないですか? とにかくお久しぶりです。編
Weblog: とべないとりのおいしいBlog
Tracked: 2014-04-18 17:59
・街歩き、お店巡りに! 歩きながら距離や時間、消費カロリーを算出、写真保存機能付。
散歩計GPS

・わんこ好き、ネコ好きに!
わんわんセッション
にゃんにゃんセッション




facebook あんころりん