あんころりんのiPhoneアプリ
「和菓子wagasi」−東京のお菓子・菓子パンを歩く

2012年01月12日

二本松/本家丹波屋 元祖あんぱん 福島の和菓子B

IMG_0902.JPG 
P1360053.JPG 
P1360263.JPG

和菓子wagasi−東京のお菓子・菓子パンを歩く

福島県二本松市に行って実感したのは
とっても"和菓子屋密度の高い町"だってこと。
かなりピンポイントだったもんで"和菓子の秋葉原"・・


人気blogランキングへ
人気ブログbanner_02.gif

小さな写真はクリック!

・・・って呼びたくらいでした。

江戸期創業の老舗も多く
おそらく最古参は創業350年を謳う「本家丹波屋」と思われます。
ただ。このお店、情報がきわめて少なく詳細は不明なんです。
事前にweb上や出版物を調べて獲得できたのは「創業370年」ってことくらい。
それから看板商品が「元祖あんぱん」で午後早めに売り切れるほど人気があるらしいということ。

よくわからないけどとりあえず2個ばかり予約して出かけました。

店は二本松駅から歩いて20分ほど。
玉嶋屋本店など菓子屋が並ぶ 駅周辺エリアとは別に
本家丹波屋がある辺りも店や各施設が集まっており、
こちらはこちらで別の町として成立しているんじゃないでしょうか。

IMG_0865.JPG IMG_0887.JPG
こちらはすぐそばの醸造所と瓦の製造会社 どちらも風格ある建物

その丹波屋ですが予想以上の繁盛ぶりにちょっとオドロいた。
着いたのは平日昼頃でしたが客が次々とやってきては元祖あんぱんなどをまとめ買い。
まさかと思っていたのですがホントに売り切れそうな勢いで、
実際にすでに売り切れた品もいくつかあり。
「元祖あんぱん」以外にも人気の品が複数あることが見て取れました。

P1360059.JPG P1360073.JPG
いま売出し中、人気の"餅揚げ"これが最後の一個だった

元祖‥の実物を見たワタシは結局8個購入。
なにせ、かの"くまたぱん的砂糖まぶし饅頭"なルックス。
"砂糖衣好きココロ"を強く揺さぶらずにはいられません。

なんとなーくこの"あんぱん"(ひょっとして"くまたぱん"的かも)、という予想はありました。
「くまたぱん本舗」のある須賀川は二本松から東北本線で7駅しか離れてないし。
じつは当初立ち寄るつもりだったんですけど時間が折り合わず、今回は見送ったのでした。
ま、そんなこんなでここで「元祖あんぱん」に出会ったのも何かの巡りあわせ。

P1360041.JPG
本家丹波屋 元祖あんぱん

(くまたぱんを彷彿させた)「玉嶋屋」の木の葉饅頭も元々は"あんぱん"だったというし 須賀川から二本松までは「あんぱん」分布エリアらしい、と実感できただけでおいらはウレシイ。

おっと、あまりにマニアックな喜びに皆さんついて来てませんね。いいけど。

さて。肝心の「本家丹波屋」の元祖あんぱん、
(黒糖を用いた?)卵を使わない小麦粉生地でこしあんを包みオーブンで焼きあげた饅頭です。
まわりにたっぷりまぶしてあるのはもちろん白砂糖。
砂糖が貴重な時代のごちそうだったのでしょう。

P1360057.JPG
丹波屋 断面

余談ですけど
たまたま須賀川出身の年長の知人が
「子供の頃、(くまたぱんは)贅沢なお菓子で滅多に買ってもらえなかったのよー」と仰ってましたから。

丹波屋に話を戻すとその特徴は柔らかでうすーい皮。
かなり薄くてデリケートな作りたてなどは皮が破けることも。

P1360054.JPG
イイ感じの底とはじけかた

まわりの砂糖が甘みだけでなく乾きを防ぐ役目も果たし、皮が薄いので砂糖がなじみやすいせいか一層効果的です。
中のこしあんは逆にドライな食感でこのバランスも隠し味。
砂糖まみれのルックスにビビる人もいるかもしれないけれど
卵や乳・油脂を使わないのでむしろ素朴であっさり、おやつにぴったりのお菓子と思います。

そんな福島の元祖あんぱん。
砂糖なしと砂糖つきが選べるとしたら(注:実際は砂糖つきがスタンダード) どちら?ワタシャもちろん砂糖をたっぷりまぶしたもの。
指を砂糖まみれにしながら、また食べたいなあ、と思います。

二本松では元祖あんぱんのフォロワーも二つほど買ってみた。

P1360383-1.JPG P1360391-1.JPG
勝田屋 丹波屋 豊田屋 のあんぱん 勝田屋はチュイールが、豊田屋は飴玉が美味しいお店

それらも悪くないけれど。 しっとりした薄い焼皮と砂糖のなじみ方に丹波屋の人気の理由が覗えます。

やはり和菓子はイキの良さも味のうち。
毎日大量に手づくり焼きたてを提供している 本家丹波屋は新鮮で皮が破れちゃうくらい。
紙袋にそのまま入れてくれる焼きたて感=菓子の勢いも魅力のひとつじゃないでしょか。

P1360267.JPG
焼きあげだんご

五平餅みたいで、しかもオリジナリティあふれる"焼上げだんご"も 香ばしい米粉のだんごの歯ごたえと甘しょっぱいごまだれが美味しかった。
P1360050.JPG
こちらはちび揚げ 周りは砂糖でなくココナツ。甘くないおやつ

本家丹波屋で人気急上昇らしき"餅あげ"は思った以上に塩味が効いてました。

P1360076.JPG P1360085.JPG
みそまんじゅうとうぐいすまんじゅう

みそまんじゅうも旧くからの看板商品のようでこちらも力が入っているようです。
本煉羊羹は甘さを抑えてしっとり柔らか、とても食べやすい煉羊羹でした。

バラエティに富んだ品揃えでいちご大福、栗大福なんかもあったし
ケーキなど洋菓子もいろいろ並んでいた気がします。

店内を撮影しなかったのを少し後悔してます。
本家丹波屋の来歴や元祖あんぱんの由来についてご存知のかた 教えてくださいね。

書きたいことはたくさんあるけど・・ 今回はあんぱんです。

P1360047.JPG
人気blogランキングへ
人気ブログbanner_02.gif

●twitter


★お店と菓子のデータ
本家丹波屋   ふくラボ 店紹介   二本松市の菓子屋情報
あんぱん 一個80円 小豆 砂糖 膨張剤 水あめ 小麦粉 
人気blogランキングへ
人気ブログbanner_02.gif

P1360049.JPG

お知らせ
★「散歩計GPS」★企画参加iPhoneアプリ
歩きながらに距離や時間、消費カロリーを算出、写真保存機能あり。 『散歩計GPS
★新アプリ『NEWSがぶりより』ニュースをひとまとめに閲覧。 BLOGOS、現代ビジネス、JBプレスといった3サイトのニュースを表示。ヘッドラインだけでもかなり楽しいですよ。

★読売文化センター自由が丘:土曜講座「和菓子を楽しむ」詳細こちらから。東北や東京のお菓子を頂きます。

★書籍『東京 いとしの和菓子 あんころりんのおやつめぐり
美麗カラー写真と共に“東京の和菓子屋、パン屋”満載。地図付き。


人気blogランキングへ
人気ブログbanner_02.gif

ラベル:東北 福島 和菓子
posted by あんころりん at 02:21| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 東北 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ええ、たしかにビビってますけど(笑)。
そうはいってもいちいち心躍るルックスですね。店構え・建物もお菓子も。何をもって「元祖」なのか気になるところです。
こういうお店は、現地に行ってこそ、ですよねー。
Posted by kozue at 2012年01月13日 17:45
kozueさん
ビビりながら心躍る・・・アンビバレントな喜びはひょっとしてMとか(笑)。
そう、どうして元祖なのか。店が忙しそうで詳しい話はまったく出来なかったんです。
地域の一番店というかんじなんですが行くまでそれもわかりませんでした。
Posted by あんころりん at 2012年01月16日 07:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
・街歩き、お店巡りに! 歩きながら距離や時間、消費カロリーを算出、写真保存機能付。
散歩計GPS

・わんこ好き、ネコ好きに!
わんわんセッション
にゃんにゃんセッション




facebook あんころりん