あんころりんのiPhoneアプリ
「和菓子wagasi」−東京のお菓子・菓子パンを歩く

2012年10月06日

TORAYATOKYO@東京駅丸の内 マロン饅頭!ポワールキャラメル羊羹!人形焼♪

IMG_0664.JPG
ドーム天井
P1540850.JPG
マロン ロマン
IMG_0612.JPG

待望の「TORAYATOKYO」が昨日10月3日にオープンしました。
大正時代の創建当時の姿に復元された、東京駅丸の内駅舎内・・・

人気blogランキングへ
人気ブログbanner_02.gif


すべての画像はクリック拡大

・・の「東京ステーションホテル」2階がその場所です。
この駅舎はいまもっとも注目を集めている施設のひとつ、でしょう。
そして、このワタシには珍しく、
(なんとオープン時間に合わせて)、さっそく行って参りました。

IMG_0629.JPG

TORAYATOKYOはとらや初のコンセプトショップ、とのこと。
とらや、とらやパリ店,TORAYA CAFE、とらや工房と
さまざまな「とらや」のスペシャリテが一堂に会しているのです。

IMG_0671.JPG

テラス席は、あのドーム型天井のある吹き抜けに面していて、、
落ち着いたなかにも開放感を伴った、スタイリッシュな喫茶+ショップです。
内装にかつての赤レンガ造りや鉄骨を生かすなど、大正建築の趣も感じさせます。

IMG_0590.JPG IMG_0603.JPG

喫茶入り口に到着した開店3分前には、すでに2〜30人が並んでいました。
やや待って、席へ。

選んだのは、とらやパリ店ととらや工房のお菓子+煎茶。
これまで滅多にお目にかかれなかった、「とらやパリ店」の生菓子も扱う、
と聞いていたので心待ちにしていたのです。

IMG_0623.JPG P1540821.JPG

少々欲張ったオーダーは、ショップが行列していたので
店頭で購入できるお菓子が不明だった、というのも多少ある。

P1540843.JPG

「マロン饅頭」。
ふっくらとした皮の口あたりに感激!
まるで薯蕷饅頭のような、むっちりとした"のび"と、 小麦饅頭ならではの、柔らかさと弾力。
とらやが小麦粉饅頭を調製するのは稀なこと、だと思います。
いますぐに思いつくのは虎屋饅頭くらい、かな。
P1540887.JPG
芯に洋栗の蜜煮、餡には洋梨ペーストとバターを加えて

その(わが好物である)虎屋饅頭よりも、さらにふんわり。
蜜漬け洋栗を芯に、洋栗ペーストを混ぜ込んで、しっとりしたこしあんとの相性がすばらしい。
それはそれはおいしいおまんじゅうです。

「ポワールキャラメル羊羹」。
はじめて口にする和菓子がこの二つなら、パリの甘党はしあわせです。
いままで、国内で作らなかったのが不思議なくらい。

P1540874.JPGポワールキャラメル羊羹 持ち帰って直立不動

自家製キャラメルを混ぜた白餡ベースの羊羹は、洋梨のブランデー("ポワールウィリアム")に漬け込んだ"洋梨のコンポート"を乗せた、和洋ボーダーレスな一品です。
口にした瞬間、思わず「おいしい〜」と発声。隣の方に振り向かれてしまった。

キャラメルのほろ苦さとブランデーの香り。
コンポートが、羊羹にちょっぴりジューシイ感を与えているのも好ましく、
ほのかな甘酸っぱさが複雑な味わいをさらに深めています。


IMG_0605.JPG

このたび、念願のとらや工房製「人形焼」も頂きました。
さすが、の口あたりとお味。人形焼の印象を覆す、と思います。
個人的に人形焼の三本指に入るなあ。

P1540831.JPG P1540825.JPG


お菓子とお茶を平らげた後はショップへ。
ここでもポワールキャラメル羊羹、マロン饅頭を販売していたので一つずつおみやげに。人形焼は完売、おみやげには一番手頃ですものね。

IMG_0637.JPG

喫茶のランチメニューは11時半からでしたので、お茶とお菓子を頂きましたが 次回はご飯を。


IMG_0694.JPG
東京駅丸の内駅舎 正面から

東京ステーションホテルを表玄関から眺めてみると、見違えるよう。
エントランスはスタイリッシュで高級感に溢れています。
改装前の、とってものどかな旧式の趣、ははみじんも感じられず、個人的にはちと残念。
ですが、駅舎が保存復元されたのは何よりです。

P1540815.JPG
フィリップ・ワイズベッカー氏が描いたパッケージ入、限定記念羊羹(夜の梅D本入)

東京駅丸の内駅舎、その風格ある姿に松の木が似あって、とってもかっこいい。
大正昭和の建物復元が広まると良いですね。

TORAYATOKYO(トラヤ トウキョウ)
ブログ

P1540813-001.JPG IMG_0639.JPG

ポワールキャラメル羊羹(とらやPARIS):473円(西洋梨シロップ漬け 白小豆 寒天 レモン 洋酒 オレンジ果皮) マロン饅頭(とらやPARIS):525円(栗加工品(栗砂糖水飴) 砂糖 小麦粉 小豆 バター、麦芽糖 寒天 新粉 卵白 膨張剤 クチナシ色素 香料) 人形焼(とらや工房):252円

★おまけの話★
本文にあまりに誤字が多かったので、10/7に一部修正しました、すみません。
ある取材の下見がてらに、わけあって頑張って初日訪問。
スタイリッシュな印象もあるけれど、いっぽうで とらや工房の日替わり品やTORAYAカフェのあんパンも楽しむことができる。気軽な雰囲気。
虎屋菓寮に比べると、利用する人々の幅はぐっと広くなりそう。

あんころ広報係
★講座「東京のお菓子を歩く」 問い合わせは事業本部まで。おまたせしている方、10月期「第4木曜クラス」はまだ空きありますのでお早めに。詳細はこちら

★読売文化センター自由が丘:土曜講座「和菓子を楽しむ(全6回)
詳細はこちら

★10月20日開催「日本酒と和菓子のマリアージュ」という公開講座で
和菓子のチョイスをお手伝いさせていただいています。
、詳細はこちら

●twitter


posted by あんころりん at 03:03| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 和菓子、洋菓子、パンの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
新しく復元された東京駅に出来たとらや、すごくカッコいい!!パリのTORAYA のものが食べられるなんて素敵すぎます♪ポワールキャラメル羊羮美味しそうです!パリの人に売るものでも一切の妥協はないのでしょうね。とらやさん!
Posted by RoseMary at 2012年10月06日 08:03
RoseMaryさん
東京駅丸の内駅舎はほんとにカッコよくて嬉しくなります。
パリのお菓子はマカロンも出てましたよ。
それにしても二つの生菓子があまりに上質なので、あらためてパリのほかの生菓子にもすごく興味が湧いてきました。
Posted by あんころりん at 2012年10月07日 12:31
天井写真に「どこの洋菓子?」と思ってしまいました。
東京駅は落ち着いてから行こうと思っていたのですが、すぐに行きたくなるようなすてきなお菓子が並びますね。どうしよう〜(笑)
マロン饅頭がとっても気になります!
Posted by kozue at 2012年10月09日 16:29
kozueさん
すぐに行っても後悔しないと思います、東京駅丸の内駅舎、都内でまれに見るかっこいい建物です。お店が少ないせいか見物人は多いけれど落ち着いた雰囲気ですのでメゲないと思う。お菓子は美味しいですよー。
Posted by あんころりん at 2012年10月09日 23:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
・街歩き、お店巡りに! 歩きながら距離や時間、消費カロリーを算出、写真保存機能付。
散歩計GPS

・わんこ好き、ネコ好きに!
わんわんセッション
にゃんにゃんセッション




facebook あんころりん