あんころりんのiPhoneアプリ
「和菓子wagasi」−東京のお菓子・菓子パンを歩く

2012年12月01日

京都/中村軒のぎんなん餅


和菓子wagasi−東京のお菓子・菓子パンを歩く
P1580138.JPG

今日から師走に入っちゃったけれど
まだまだ銀杏はそこここにころがってますので
「ぎんなん餅」です、
桂離宮の傍らにある「中村軒」から。

ワタシが手にしたのは・・

人気blogランキングへ

人気ブログbanner_02.gif


小さな画像はクリック拡大

・・一週間前。
ひょっとしたら、もうお店では作っていないかもしれないれど。

中村軒といえば、搗いたお餅とおくどさん(かまど)で炊いた小豆がおいしい!
ので、お菓子好きには広く知られています。

そう、餅。
求肥だとか餅粉を練った餅風でなく、餅米を蒸かして搗きあげた「お餅」。
茶店でいただくおぜんざい(コレ)とか
あと看板菓子の麦代餅(コレ)なんてホントにおいしいんですよねー。

P1580200.JPG
↑麦代餅

11月は久々に新宿高島屋・京都航空便のお菓子
買いに行くことができました。
(ここ一年半は第4土曜日に都内にいることなんてほとんどなかったからね。)
なので、かなりテンション上がってしまって。
たっぷり買い込んで、周囲にもお分けした。

餅好きのワタシとしては中村軒の餅菓子を欠かすわけにいきません。
今回も麦代餅は入荷していたので、
舌の越えた知人に差し上げたら大好評でした。
ワタシも久々に食べて、つくづく美味いなーと。

P1580206.JPG
麦代餅の粒あん

もうひとつ、がぎんなん餅。

P1580128.JPG

中村軒、秋ならではの菓子です。
搗きたての餅に混ぜ込んだ銀杏が「ぷっくり」。
ふくふくとして丸っこくて。まるで小動物のようだ。
愛らしくていかにも搗いたばかりといった、なめらかでもっちりした肌、
思わずナデナデしたくなります。

P1580137.JPG

こーゆーお餅はきめ細かくてしかもコシがしっかり、旨みもある。
もち肌とはまさにこのこと、
餅菓子好きにはたまりません。


大粒の銀杏は甘みをつけず、ほろ苦さをそのままに。
まるまると大きな粒が3つ混ぜ込まれてました。

P1580145.JPG

中はこしあん、ワタシは粒あんの方が好いと思うけれど
銀杏餅はなめらかなあんが定番のようです。
ちなみに少し前、都内でいただいのは道明寺餅に味噌餡だった。
そうなの、銀杏餅、道明寺でこしらえる店もいくつかありますけど。
でも中村軒は搗きたて白い餅、ブラボー。

そうそう、出町ふたばの栗餅の後日談は次回おまけで書きましょうか。


中村軒
ぎんなん餅(銀杏餅):2個521円(11月24日新宿高島屋銘菓百撰にて)
砂糖 小豆 餅米 ぎんなん

P1580130.JPG

●twitter


あんころ広報係
★講座「東京のお菓子を歩く」 問い合わせは事業本部まで。詳細はこちら

★読売文化センター自由が丘:土曜講座「和菓子を楽しむ」
詳細はこちら

★書籍『東京 いとしの和菓子 あんころりんのおやつめぐり


美麗カラー写真と共に“東京の和菓子屋、パン屋”満載。地図付き。

人気blogランキングへ

人気ブログbanner_02.gif

posted by あんころりん at 13:38| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 近畿、東海(京都、大阪、名古屋・・) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うん! 中村軒のお餅はおいしいよね〜。
久しく食べていないので、麦代餅が恋しくなりました。
ぎんなん餅もいつかきっと・・・(未消化物件多すぎ!)
Posted by kozue at 2012年12月03日 14:31
kozueさん
あらためて味ってみて、おいしさを再確認できると、信頼感が増します。長く愛されてきたわけがわかりますね。
ぎんなん餅、アナタなら作れるかもよ。
Posted by あんころりん at 2012年12月05日 00:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
・街歩き、お店巡りに! 歩きながら距離や時間、消費カロリーを算出、写真保存機能付。
散歩計GPS

・わんこ好き、ネコ好きに!
わんわんセッション
にゃんにゃんセッション




facebook あんころりん