あんころりんのiPhoneアプリ
「和菓子wagasi」−東京のお菓子・菓子パンを歩く

2013年09月20日

代官山/パピンスPapins〜パピンスミスカル、生とうもろこしかき氷

和菓子wagasi−東京のお菓子・菓子パンを歩くIMG_5555.jpg
パピンス(ミスカル)
IMG_5564.jpg
生とうもろこしかき氷・・崩れちゃった、ごめん

ことし7月かき氷の日にオープンしたばかりの
韓国の涼甘味“パッピンス”の本格専門店
かき氷カフェ「Papins(パピンス)」・・・

人気blogランキングへ
人気ブログbanner_02.gif

・・・韓国済州島で食べた衝撃的なおいしさを求めて、8月の猛暑の頃に行ってきました。

場所は代官山と渋谷の中間あたり。
新しい建物の奥の階段を上がると2階テラスにパラソルが見えました。

IMG_5575.JPG

パピンス(パッピンス)は韓国(とりわけ済州島)ではとてもポピュラーな涼菓。
パッはあずき、ピンスが氷の意味で、
甘く煮た小豆やナッツ、果物類などじつさまざまなトッピングが景気よく山盛りされたかき氷です。
いかにも韓国らしいのは。どかーんと大ぶりの器に豪快に盛られたものを、おおぜい仲間とシェアして楽しむところ。
韓国では人の集まる行事の準備のときなど、大鉢に盛られたご飯を、銘々それぞれのスカラ(韓国のおさじ)で同じ器から、直接すくって食べる習慣が残っています。パピンスも同様に楽しむ様子を何度か目にしました。
済州島で初めて食べたパピンスも、済州島の名峰「漢羅山」をイメージした超特特大。
済州島パピンスの記事
10人ほどで一斉におさじを突っ込んでわいわい食べた思い出があります。

そんな韓国式も楽しいけれど、
「Papinsパピンス」ではどのメニューも気軽に楽しめるよう一人前ずつ提供しています。

IMG_5559.JPG
パピンス ミスカル

5種類あるパピンスからワタシが選んだのは“パピンス・ミスカル”。
ボリュームたっぷりのトッピングはなんど10種類!
自家製小豆あん、(一粒ずつ手で皮をむいた)ブドウ、ゴールデンキウイ、グリーンキウイ、パイナップル、マカデミアナッツ、スライスアーモンド、松の実、アイスクリームそしてミスカル。
たっぷり練乳ミルクがかけた氷と小豆が交互になっていて栄養満点、すごく満足感高い一品です。

練乳ミルクと小豆、ミスカルなど、それぞれの味が2センチくらいの層になり何段にも重なったパピンス。
豪快なデコレーションですが掘れば掘るほど複雑な作りに感激、小豆おいしいー。
パピンスの氷は一般的なかき氷に比べて、粒が粗めですがこれは何段もの層をつくるため。
柔らか過ぎると具材の重みに耐えられず、層がこわれてしまうのだそう。

IMG_5563.JPG

肝心の茹であずきは氷の中にもたっぷり。
大粒の豆は柔らかくてすっきりとした甘さ。コクもあっておいしい。
パピンスには珍しく自家製と聞いて納得。白砂糖を使わずにきび糖だけで炊いているのだそう。

さて、上にかけたきな粉のような粉末がミスカルです。
玄米、もち米、ピーナツ、大豆、ハトムギ、黒米、小麦などの穀物・豆類を焙煎して粉にしたもので美容効果で知られる食材です。お湯や牛乳で溶いて飲むのが一般的ですが、韓国ではこういった穀物焙煎粉の種類が豊富で、ハトムギ焙煎粉のユルム茶などは家庭の常備品なんですよね。

IMG_5571.JPG
明るく落ち着いた雰囲気の店内

これまで日本には本格パピンスを食べさせる店がなく、本当においしいパピンスを紹介したくて始めた、という店長の樋口さん。
オープン当初から全メニューを手作り、氷を挽くのも全てひとりで担っています。
もともとソウルでプロの料理人として長年活動していたそうで、味への探究心は並々ならぬものをお持ちのようです。

IMG_5566.jpg

たとえば、パピンスと並ぶ、個性的メニューが“生とうもろこしのかき氷”。
生のとうもろこしから作る粒々のソースはフレッシュそのもの。
とうもろこしの甘みと香りが弾けてます。

この“とうもろこしの下ごしらえ”、じつに手間がかかっています。
まず皮ごと生のとうもろこしを茹でて皮を剥き、髭は一本ずつ丁寧に取り除きます。
その後潰れないように一粒一粒を手で外して、それから煮るので、味が濃くおいしく仕上がるのだそう。
ただあまりに時間がかかるのと長く作り置きが出来ないので、品切れになることも。

ワタシが訪れた日も、一杯分あるかどうかなので出せません、というのを無理矢理お願いして作っていただきました。
トウモロコシ好きなので、これは別腹と最後までおいしく頂きました。
それから、サービスで出すお茶も上質でなければと、温かい“コーンひげ茶”をたっぷり淹れてくれます。
これが香ばしくてパピンスにぴったり。お替わりお願いしました。

IMG_5574.jpg

一階入口2013年7月25日、かき氷の日にオープンした「Papinsパピンス」。
研究熱心な店長さんが作るライムやコーヒーのパピンス、それから生トマトのかき氷などもぜひまた食べに行きとうござんす。
これから秋に向かっての新作も楽しみー。

かき氷カフェPapins(パピンス)FB
パピンスミスカル900円、生とうもろこしかき氷700円
Twitterパピンス

あんころ広報係
★公開講座のお知らせ。「京都のお菓子を楽しもう」受講受付中、お申し込みはこちら
★講座「東京のお菓子を歩く」10月期募集開始 問い合わせは事業本部まで。詳細はこんな感じ
★読売文化センター自由が丘:土曜講座「和菓子を楽しむ」10月期募集開始 詳細はこちら
★お手伝いした蕎麦関連の新刊書籍。「お蕎麦のレッスン高陵社書店・あれこれしゃべってますので興味のある方はご一読を。★書籍『東京 いとしの和菓子 あんころりんのおやつめぐり
 地図付き。

人気blogランキングへ

人気ブログbanner_02.gif人気blogランキングへ
人気ブログbanner_02.gif
posted by あんころりん at 18:04| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | かき氷、たい焼き&今川焼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
パッピンスは以前流行り始めたときに韓国料理屋さんでいただいたことがあります!
食べる前に「かき氷でしょ」と思ったことを店主に詫びた記憶が(笑)
生とうもろこしの粒々ソースがとても気になりますー。
Posted by kozue at 2013年09月20日 23:59
kozueさん
おお、パッピンスは受容可能なんですね。なんだか嬉しいー。

生とうもろこしの粒々ソースはパンや他のデザートやひいては料理に使ってもOKな気がします。
Posted by あんころりん at 2013年09月22日 22:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
・街歩き、お店巡りに! 歩きながら距離や時間、消費カロリーを算出、写真保存機能付。
散歩計GPS

・わんこ好き、ネコ好きに!
わんわんセッション
にゃんにゃんセッション




facebook あんころりん