あんころりんのiPhoneアプリ
「和菓子wagasi」−東京のお菓子・菓子パンを歩く

2014年03月01日

湯河原/ブレッド&サーカス〜国産小麦全粒粉のカンパーニュ、9種穀物パンなど

IMG_8490-002.JPG
9種穀物パン
IMG_8473.jpg
玄米のイングリッシュマフィン
IMG_8476.JPG
フルーツとコーヒーのマフィン(というような)
IMG_8456.jpg
千歳川沿い

先週末、湯河原へ。
年のせいでしょうか、(温泉でも行きたいなぁ)と・・・
人気blogランキングへ
人気ブログbanner_02.gif

・・・小声でもらしたところ
多少は目によかろう、と家族が気軽な日帰り湯治を提案してくれたのです。

ふと考えると湯河原は「ブレッド&サーカス」が店を構える町。
(取り寄せもままならないほど)人気の高い「ブレッド&サーカス」は自家製自然酵母と国産小麦粉を使ったパンの店です。
数年前に一度取り寄せたきり、なかなか実店舗を訪れる機会がないままに。
ところが、新居からは乗換え一回で1時間少々とぐっと身近になったのだ。

入店客数5人までの制限を設けたこぢんまりしたお店は、年中行列と聞いてはいたけれど。
土曜日、11時の開店前5分にすでに20人弱ほど並んでました。
入店を待つあいだに家族は吉浜へ波チェック(海に入るわけじゃないのに。波乗りの性)。
この間、冷えこむなかも帰る人はなく、皆さん我慢強く待ち続けてました。

50分ほど待ってようやく温かい店内へ。
まずはハード系の注文方法を訊ねてから品定め。

我が家の朝は基本的にライブレッドやカンパーニュなどハードタイプのパンが主食。
朝飯前に散歩がてらBIOのカンパーニュなどを気軽に買っていた代々木上原住まいとは異なり、
気に入ったパンはまとめ買いして冷凍保存、温めるのはガスオーブン、が新しい習慣です。
なのであらかじめ、朝食用に欲しいアイテムはメモしておいた。

IMG_8489.JPG
食事用

棚に並ぶ品の甘い系と軽食用は、HPに掲載のないものも少なくない。
イングリッシュマフィン、焼菓子、チーズパンなどは目で選んで購入。
主食用はお店スタッフにお願いしてハーフカット。

IMG_8544.JPG
グラマラススコーンなど焼菓子も少々。小さなパイ生地にプルーン入りは“ルゲラ”。

テキパキと指示をしながら自らも手を動かす女性店主はカッコイイ方でした。
持参した布バッグについてひとしきり会話が弾みながらも、スライスオーダーに気働き。
10数種類も選んだので、ネームラベルを貼ってくれたのはとってもありがたいサービス。

IMG_8450.jpg
湯河原の古参洋食店「小清水」でオムレツとナポリタン。


軽めの昼飯を町の洋食屋でとった後、温泉「こごめの湯」まで3`ほどを散歩がてら川沿いに歩く途中、まだ温かいチーズパンやらコーヒーマフィンをつまみ食い。
空腹ではないはずですが、やめらない止まらない。

IMG_8463.JPG IMG_8474-001.jpg
IMG_8477.jpg
三種のチーズパン、玄米マフィン、フルーツとコーヒーのマフィン


さて今回、主食用に選んだのは
リアルカンパーニュ、石臼挽全粒粉カンパーニュ、サンドウィッチライ、9種の穀物パン、デイズム、バイキング、くるみパン。

IMG_8503.JPG
石臼挽き全粒粉カンパーニュ(これのみカナダ産小麦粉(石臼挽全粒粉)も使用)
IMG_8508.jpg
リアルカンパーニュ(国内産石臼挽全粒粉、同石臼挽ライ)

IMG_8513.JPG
サンドウィッチライ
IMG_8501.jpg
9種穀物(グラハム粉、全粒粉、穀物など)
IMG_8525.jpg
デイズム(国内産石臼挽全粒粉100%)
IMG_8515-001.jpg
バイキング(サワー種、ドライフルーツ・ナッツ・スパイス入り)
IMG_8532.jpg
くるみパン(サワー種)

購入予定だったヘビープンパとフィンランドライはこの日焼いてなかったので、その代わりプンパニッケルを友人用に求めました。

IMG_8483.jpg IMG_8482.JPG
湯河原の温泉街  雪はなくて河津さくら満開

ブレッド&サーカスで主に使われている国内産小麦粉はハルユタカブレンドのようです。
この粉はパン用国産小麦粉として比較的広く流通しているようですが、お店によって焼きあがりはじつにさまざま。

じつを言いますと、つい2〜3年前まで国産小麦粉のパンはモチモチしているという印象が強くって。
モチモチパンを好まないワタシは国産小麦使用を謳うパン(パン屋さん)についてはあまり興味を引かれなかったのです。

そんななか、ブレッド&サーカスのパンは数年前に食べたときも、すでにワタシが想像してた国産モチモチ系とは一線を画してました。
あらためて食べてみても、どのパンもそれぞれ充分な発酵による深い旨みがあり、質の高い焼成技術を感じさせる完璧な焼きあがり。

IMG_8506.JPG
リアルカンパーニュ(ハーフ)
IMG_8496-001.jpg
石臼挽全粒粉カンパーニュ(ハーフをスライス)

とりわけ(カンパーニュ好きなこともあり)石臼挽全粒粉カンパーニュとリアルカンパーニュの2つが気に入りました。
朝、食べるたびにしみじみと幸福な気持ちをもたらすほどに。粉の風味が深く、おいしいー。
密度高めのライブレッドを好む家族はサンドウィッチライをとても気に入っています。
どっしりしていても口あたりが軽く、香り高くて噛むたびに旨みが広がります。

個人的に、一昨年前まではヴィロン社のラ・トラディション・フランセーズなどがおいしい小麦粉、という印象があったけれど。
もはや国内産でも決して劣らないどころか、ワンランク上を行く、という気さえします。
名実ともに地産地消でよりおいしいパン。

もっとも好きなパンのひとつ「カタネベーカリー」のカンパーニュBIO中川農場という個人農家さんの北海道産有機小麦粉キタノカオリ100%。
こういった小麦粉は米国式大規模農場ではないところでつくられているのですね。

ワイン好きに訊いたところ、国産ワインもここ1〜2年で飲むたびに向上していると感じるのだそう。
パンもワインもここへ来て、オリジナルを超える国内産が確立されてきているかも。
オリジナルと同じものを目指しても、けっして超えることはできないけれど。
上質な国産のパンやワインは身土不二から生まれて、小規模生産だからこそ、経済最優先でないからこそ、なし得たのではなかろうか。
文章としてまとまってないけれど、そんなことを思うこの頃です。

IMG_8437.jpg

ブレッド&サーカス

★おまけの話
堺の話も書きます。ただ思ったことを忘れないうちに。備忘録的パンの話を。
和菓子屋さん、パン屋さん、どちらも購入頻度は同じくらい多い(笑)。ただ食事用パンが主なのでなんとなく、タイトルにそぐわないかなあ、とブログに書きづらい。昨日も祖師谷大蔵のプレジールでどっさり買ったんですけど、記録せずに終わりそう。書くとしたら成城のあんぱんかしらん。いやそれより京阪の和菓子だよな。のろくてすみません。


人気blogランキングへ
人気ブログbanner_02.gif
posted by あんころりん at 21:49| 東京 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | 神奈川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ブレッド&サーカスのパンは二度程通販したことがあります!ここのは本当に美味しいですよね〜。
ただ本当に人気のため、通販の順番もなかなか回って来ず・・・(今ではHPすら見なくなってしまった・・・)。
こんなお店が近くなったなんて〜!
今度はこちらに連れて行ってもらいたいですぅ〜!
Posted by いもすけ at 2014年03月02日 06:18
いもすけさん
お、さすがハード系好きのいもすけさん、通販2回成就ですか。風味も口あたりも好くて国産小麦粉パンのイメージを覆しますよね
ぜひぜひおいでください。ウチから一時間ほどです。日帰り温泉も海も近くて楽しいですよ。何なら前日からどうぞ。
Posted by あんころりん at 2014年03月02日 09:15
久しく食べていません〜ブレッド&サーカス。
国産小麦事情も進歩しているでしょうから、B&Cのパンも進化していると想像いたします。1時間程度で行けるなんて、いつでも行けるような気がしちゃいますね。
Posted by kozue at 2014年03月03日 00:06
kozueさん
ワタシも久々でしたが、感動新たにしました。パンが変わったのか、こちらの問題かわかりませんが、カンパーニュやライブレッドはしみじみ美味しいと思いました。温泉付!と思うとさらに足が向きます。
Posted by あんころりん at 2014年03月03日 16:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
・街歩き、お店巡りに! 歩きながら距離や時間、消費カロリーを算出、写真保存機能付。
散歩計GPS

・わんこ好き、ネコ好きに!
わんわんセッション
にゃんにゃんセッション




facebook あんころりん