あんころりんのiPhoneアプリ
「和菓子wagasi」−東京のお菓子・菓子パンを歩く

2005年05月27日

ご近所「伊勢屋」其の三― 今回の豆大福とおはぎは笹塚「餅菓子製造販売店 伊勢屋」から

P1010016.JPG

近所の4軒目の伊勢屋もやはり甲州街道北エリア
笹塚駅北側の笹塚十号坂商店街の伊勢屋(笹塚3−19−2 水休)です。
P1010012.JPG
ここもまた他の三店舗とは別系統の伊勢屋さんで
包装紙からの情報は「餅菓子製造販売店 伊勢屋」として
全部で14店舗が城北地区(板橋ほか)中心に点在してるようです。
今回改めて
豆大福(粒110円)おはぎ(粒110円)甘(こしあん)団子(70円)をいただきました。(↑画像)

P1010019.JPG
豆大福は大変おいしい。
餅のコシ、歯ごたえがかなり良く、「餅菓子製造販売店」の名に偽りなし、ですね。
えんどう豆も豊かな香りで歯ごたえ良く
たくさん入っていてひじょうに満足度が高いです。
粒あんも水分が多過ぎず、お餅とのバランス良いです。

じつは
3月31日にもこちらの食べたけど(その時は105円だった)
今回の方がはるかにおいしく感じます。
画像を見ても今回の方がうまそ!
冬は乾燥するので柔らかめに仕上げたのでしょうか?

もし、5円玉ひとつの差でこんなにおいしくいただけるなら
めちゃくちゃコストパフォーマンス高いけど・・

でもおいしい豆大福がご近所リストに増えてホクホク。
再度訪問してよかった〜。

P1010020.JPG
おはぎは粒あんでこれもおいしい。
飯粒がつぶれていないのが断然好きなんです。
おはぎ(お萩)の原点は重箱とかに詰めてお彼岸などのお弁当代わりに食べたもの、
おばあちゃんが手で握ったようなかんじ、
と勝手に思っているので(東京育ちだけど)
おはぎが水っぽかったり、ゆる〜い餅みたいのって何だかがっかりするんです。
今でも、お萩並べてるおべんとう屋さんたまにありますね、あれは好きです
で、ここのはごはんが立ってます。
粒あんも手にくっつかないかんじです。

でも最近、何で「ぼたもち」って春も使わないんだろう?
ぼたもち」って響きがあったかくておいしそうだと思うけど。
お萩」は秋のお彼岸、春は「ぼたもち」って言葉として残してほしいな。

あま団子は草色で4兄弟でこしあん。
おいなりさん(70円)のり巻き(70円)俵型のおにぎり(90円)など
ご飯ものも豊富な完全
朝生系和菓子屋さんです。

posted by あんころりん at 14:50| 東京 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | 豆大福 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ありがとう!きっと何かつながりがありそうだね!こっちの伊勢屋も同じ感じのが売ってるよ!大福がかなり有名!おはぎは漉しのみだけどかなり美味しいよ!私の近くのは豆がおいしいの!赤エンドウ!丁度いいしょっぱさと豆の煮方が最高だよ!ココも気になるねー!
Posted by 生栗和栗 at 2005年08月14日 14:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
・街歩き、お店巡りに! 歩きながら距離や時間、消費カロリーを算出、写真保存機能付。
散歩計GPS

・わんこ好き、ネコ好きに!
わんわんセッション
にゃんにゃんセッション




facebook あんころりん