あんころりんのiPhoneアプリ
「和菓子wagasi」−東京のお菓子・菓子パンを歩く

2017年05月01日

白楽「お茶の子まめ」のどらやきと寒氷、シナモンの琥珀糖、

IMG_9094.JPG
ふっくら、さっくり、ふんわり
IMG_9217.jpg
琥珀糖 シナモンと柚子
IMG_9188.JPG
寒氷 
IMG_9007.jpg


半年前‥昨年の10月8日にオープンした「お茶の子まめ」。
嬉しいです、あたらしい和菓子の・・・・

人気blogランキングへ
人気ブログbanner_02.gif



・・・お店のおはなしって滅多にないから。

遅ればせながら伺いました。
東横線の白楽駅から徒歩12分くらいの路面店はとてもチャーミングな佇まい。

和のイメージのなかで、手入れの行き届いた台所の土間や小上がりって憧れるもののひとつですが
そんな、少し前にあった"普段着の清らかな和の生活"の空気がお店全体から感じられます。

IMG_9006.JPG

店内はいわば“座売”のスタイルになるわけですが、上生菓子の店のそれとは異なり、昔ながらのお菓子屋さんを思わせるような、気のおけない小上がり。


お菓子は可愛らしい女性店主がお一人ですべてを手作りしています。
訪れた日は定番のどらやき、寒氷、琥珀糖と最中が並んでいました。
どちらかの和菓子店で修行を積まれたのかと思いきや、製菓学校で学ばれた後はフツーにお勤めされていたのだとか。
割烹着姿もお似合いでお話しぶりも和やか。店先にのどかな時が流れています。

IMG_9004.jpg

さて、お菓子。
伺う直前に取り置きをお願いしてあったどらやきの他に、大好物の寒氷と琥珀糖2種類を持ち帰り。


きれいに包まれたどらやきを取り出し、手にした瞬間(これはイケる)。
ふんわりと赤ちゃんみたいな肌ざわりが食欲をそそります。
そう、人は(すくなくとも私は)手の平でも味わうのですよ。
割ってみると、きれいに炊かれた小豆が(こんにちは〜、つぶつぶです)と姿勢良く並んで挨拶してますから、
今度は目がたまらない。

IMG_9035.JPG

んで、とうとう口にしてみたところ前フリ以上、予想を超えておいしい!
ふっくらとした弾力、縦に入る気泡はしっかりしているけれど口あたりは軟らか。
何よりも小豆の風味が力強く、しかし豆は皮までしっとりと軟らかいところに新しい餡の傾向を感じさせます。
これほど好ましいどらやきに出会ったのは久々だなぁ。
独り占めしたい欲求にかられてブログに書くのをためらうほど、オイラのツボを押してくれました。

IMG_9051.JPG

「…だってそれがいちばんおいしいから」と謳っているように
どらやきはすべて、その日の朝に焼きあげ、その日に売切る、まさに朝生菓子(焼いても朝生)の王道。
ワタシはやはり朝生菓子が好きなのだ。


と言いつつ。
半生菓子振興会(←一人ですが)会長としては寒氷や琥珀糖もマストアイテム。
大好物なのだ、寒氷、一度、自家製を試みたほど。
なかなか思うようななめらかな口あたりにはならなかったけれど。

IMG_9198.jpg

お茶の子まめの寒氷はくるみ入り。
最初は(くるみ、かぁ)と訝しく思ったけれど、めちゃめちゃ相性いいのね〜くるみさん。
何より、ベースになる寒氷の完成度が高く、“しんねり”と軟らかくなめらかな口どけ。
寒氷のように油脂の入らない生地の方がくるみには合っているように思いました。

自家製柚子ピールやシナモンを使った琥珀糖は可愛らしくて、そして美味しい。
ゆずは思ったよりもやさしい風味、シナモンは琥珀糖に広がりを感じさせるしっかりとした味わい、好きです。

IMG_9213.JPG

どのお菓子も丁寧に、余裕を持ってこしらえていると想像します
だから、あまり忙しくならないで欲しいなあ。
・・・ブログに上げるのをためらう理由はここなんだよね。


IMG_9033.jpg

お茶の子まめ
FB
・どらやき:200円:砂糖、小豆、卵、小麦粉、清酒、はちみつ、みりん、麦芽水飴、寒天、膨張剤
・琥珀糖(シナモン、梅、柚子など):250円:砂糖、寒天、シナモンor柚子果汁、クチナシ色素
・寒氷(くるみ):5本一袋300円:砂糖、くるみ、寒天

☆おまけの話☆
今朝、気がついたのですが、このブログをスタートさせたのがちょうど12年前の今日、5月1日でした。むむむ12年か〜〜。干支が一回りしたわけで、干支菓子も一巡食べたのだなあ、と。年取るハズだ。こんな内容なのにお付き合いくださった皆さまには心から感謝しております。お読みくださってありがとうございます。
「和菓子の会(仮称)」を思いついたのは12年を意識したわけでなく、単なる思いつきですが、でも頑張らないと進まないので・・やらねば。問題は場所取り。


人気blogランキングへ
人気ブログbanner_02.gif

posted by あんころりん at 21:50| 東京 ☀| Comment(9) | TrackBack(0) | どら焼き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あんころりんさん こんにちは

「和菓子の会」について、何かお手伝いが
できるようなことがあれば、遠慮なく
お申し出ください。
たとえば都内の場所の下見などなど。
Posted by 和三坊主 at 2017年05月02日 00:08
あんころりんさん、

このどら焼き、見ただけで食べてみた〜い!と思いました。
中の餡の粒感もいい感じ〜♪
くるみ入り寒氷、触感的に合いますか?

ブログ開設12年、おめでとうございま〜す!
凄いですね〜。12年。
これからもマイペースで続けていただけることを願います!
Posted by いもすけ at 2017年05月02日 06:11
おめでとう!ずっと素敵なお店を紹介し続けて、12年!すごいです。これからも頑張って下さい。
ここはどう見ても好みのお店。どら焼きは朝焼いて売り切る、ですよね〜。脱酸素剤反対!でも、周りでこの話をすると、「?」ですが。しかし、くるみ大好き人間なので、それを寒氷に入れてしまうあたり、もうここは絶対行きたいです。しばらくおやすみと言っていたような気がするけれど、もう大丈夫なのかな?
Posted by 大食倶楽部 at 2017年05月03日 08:39
ふふふ。12年って、小学校に入学したコが高校を卒業したのね〜(笑。ヒトのことは言えないが)

いつも楽しい記事をありがとうございます!
これからもよろしく〜
Posted by kozue at 2017年05月04日 00:30
和三坊主さん
お返事が遅くなりすみません。
お申し出をありがとうございます。心強いです!
それでは遠慮なく、何かお願いするようなことがあれば、ご協力いただくかと思いますので、よろしくお願いいたします。
Posted by あんころりん at 2017年05月04日 16:05
いもすけさん
どらやき、小豆の粒感がいいでしょ。こういった、おやつの基本的和菓子、いもすけさんやワタシにはツボですよね。
ワタシもくるみって食感的にどう?って思ったのですが、これが合うのです、こちらの寒氷の柔らかさとのバランスが絶妙。
ね〜〜、いもすけさんとも10年くらいになるわけですよね、びっくりだわ。これからも末永くお付き合いくださいませね。
Posted by あんころりん at 2017年05月04日 16:09
大食倶楽部さん
ありがとうございます!飽きっぽいワタシにとって奇跡的だ。
ここは小豆がとても美味しいし、焼皮もワタシには大ヒット。
お休みしているのはこちらでなく、別の餅菓子屋さん。ここは営業を続けていますから、ご心配なく♪
Posted by あんころりん at 2017年05月04日 16:12
kozueさん
kozueさんはワタシなぞ比にならないほどベテラン、尊敬せずにはいられません。一周年のときは、感慨深かったけれど、最近はいつが開始がなんて頭にないのが、いいのか悪いのか(笑)
これからもどうか、ご指導よろしくね〜。
Posted by あんころりん at 2017年05月04日 16:18
高 由貴子様

お願いの件で大変不躾ではございますが、2007年1月18日掲載の沖縄・ぎぼまんじゅうの写真を借用したく、上記高柳のアドレスまでメールいただけませんでしょうか?

用途は社内報への掲載です。
(発行部数11,000部)

会社のPCより、連絡先にメールが送信できず
こちらに連絡いたしました。

お忙しい所、大変恐縮ですが宜しくお願い申し上げます。


Posted by 高柳 加奈子 at 2017年06月28日 16:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
・街歩き、お店巡りに! 歩きながら距離や時間、消費カロリーを算出、写真保存機能付。
散歩計GPS

・わんこ好き、ネコ好きに!
わんわんセッション
にゃんにゃんセッション




facebook あんころりん