あんころりんのiPhoneアプリ
「和菓子wagasi」−東京のお菓子・菓子パンを歩く

2018年03月05日

お茶の子まめのデリケートな苺大福 

IMG_2680-001.JPG


「お茶の子まめ」はとても美味しいどら焼を、若い女性店主が一人でコツコツと・・・


人気ブログランキング

・・・つくっているお店。
前回の記事でどらやきとくるみの寒氷、琥珀糖のお店であるように紹介していますが、
じっさいは毎月、数日ではありますが季節の生菓子も提供しています。

2月は苺大福。
これがとおおおっても美味しかった。
店主の山口さよ子さん曰く(求肥でつくるふつーの苺大福ですが・・)とのことでしたが、そんなこたーありませんでした。

IMG_2706-001.JPG

ごく薄い求肥、手で濾した豊祝小豆のこしあん。そして苺。
主役となる苺の美味しさと言ったらありません。

IMG_2703.JPG

この美味しさを最大限に引き出すように求肥生地は透けるほど薄く、
あまりにもデリケートでうっかりすると中の苺が生地を突き破ってしまいそうなほど。
こしあんの甘みもごく控えめ。

IMG_2682-001.JPG

とても人気のあるお菓子ですが、
毎日作ることができない理由はおそらくこの苺。
わざわざ海老名の苺農家まで足を運んで露地物(!)を手に入れているからのようです。
(その後、神奈川区の苺農家さんもお使いのようですが)
しかも(ハウス物でないため)よい苺が収穫できたという情報を得た時に限って。

ふつーの苺大福ですが、苺だけはいいものを選んでいるんです、と。
あいも変わらず、控えめなコメントですが、
おそらくほかの季節のお菓子もふつーといいつつ、かなりよいものをおつくりなのだと
予想できます。

もっともっとこまめに通わねばいけないお店、としかと心に刻みました。

0010-020.jpg

お茶の子まめHP
FB
どらやき(あんころりん)
アイスキャンデ(あんころりん)


お菓子・デザートランキング
posted by あんころりん at 00:00| 東京 ☀| Comment(2) | 甘党ジャーナル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
本当に薄い求肥…餡もイチゴも透けてるー!
この断面を見たら、苺だけはいいものを、とおっしゃるのがわかります。
Posted by kozue at 2018年03月14日 15:01
kozueさん
ほとんどいちごですものねー。
とは言え、手漉しの餡はやはり美味しいです。
Posted by あんころりん at 2018年03月15日 10:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

・街歩き、お店巡りに! 歩きながら距離や時間、消費カロリーを算出、写真保存機能付。
散歩計GPS

・わんこ好き、ネコ好きに!
わんわんセッション
にゃんにゃんセッション




facebook あんころりん