あんころりんのiPhoneアプリ
「和菓子wagasi」−東京のお菓子・菓子パンを歩く

2020年03月18日

菊野屋製菓舗 和菓子屋の バウムクーヘンキャラメリゼ

IMG_7006.JPG
バリバリっキャラメリゼとコニャックの香り
IMG_7118-001.JPG
どらやき
IMG_6990.JPG
地産の特大いちごを使った
IMG_1244.JPG


大正10年創業「菊野屋製菓舗」を訪問しました。


バウムクーヘンをつくる和菓子店・・

人気blogランキングへ
人気ブログbanner_02.gif




・・・って、全国各地方に目を向けると思いのほか少なくない。

和洋菓子店という業態が首都圏に比べると一般的だからでしょうか。


有名なところで、たねやのクラブハリエとか。
引網香月堂のよごとや、恵那川上屋も青い山脈というバウムクーヘンつくってます。
新潟「丸屋本店」も本格的(フォンダンがけも注文可!)だったので驚きました。


「菊野屋製菓舗」は前々から気になっていた和菓子店。
バウムクーヘンに力を入れていることはすっかり忘れてたけど。


(エンサイクロペディア的識者の)バウムクーヘン愛好家さんから
未食なので一度味わってみたいとの情報をいただき
これを機に(いろいろ中止になって時間がある)行ってきました。


店内は和菓子洋菓子ともに豊富なバラエティでボリューム十二分なかんじ。

IMG_1253.JPG

IMG_1245.JPG

訊けば 洋菓子部門は2年前にスタート。
洋菓子店(ヤナギタダシ他)で経験を積んだ現店主のご次男が担っており
和菓子部門はご長男が後継者なのだそう。


さて。
予約を入れておいた
基本の湘南バウムクーヘン(ホール)は愛好家さんの集まりのために。


IMG_7105.JPG


自宅用にはいちご大福特大サイズ、どらやき(小豆粒あん)と

IMG_1260.JPG
どらやきは各種あん(写真の3倍くらい)を取り揃え


そして
予約をいれておいた“バウムクーヘンキャラメリゼ”のハーフサイズ。

IMG_7008.JPG


ステキじゃないか。

たっぷり分厚く固められたキャラメリゼ。


ナイフを入れると

ヒシッ。

池に張った薄氷のごとくひび割れる。


IMG_7014-001.JPG


口に入れると

“ガリッガリっ”
キャラメルの存在感がハンパない。

鼻孔を抜けるコニャックの香り。

ベースとなるバウムクーヘンの油脂はバターのみ、BPなどの膨張剤も使ってない。
好きなものが3つ重なったかんじ。

IMG_7012.JPG




キャラメリゼは店頭に並ばず、注文後に仕上げるため要予約の品だと後で知りました。
ラッキー。

常に店頭に並ぶ看板商品はベーシックな“湘南クーヘン”。


その薪割りカットは香りがそれほどでもなかったけれど。

IMG_7111.JPG
縦にカットした薪割りクーヘン 横にカットしたプチカット有り


IMG_7383-001.JPG
IMG_7419.JPG
湘南クーヘン ホールはフォンダンたっぷり


愛好家の会でいただいたホールから切り出されたものは
コニャックの香りとフォンダンが活かされた
おいしいバウムクーヘンでした。


でも、次回も自宅用にはキャラメリゼを選ぶでしょう。
ガリッと。


IMG_1265.JPG

菊野屋製菓舗

人気blogランキングへ
人気ブログbanner_02.gif



posted by あんころりん at 15:40| 東京 ☀| Comment(0) | 和菓子、洋菓子、パンの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

・街歩き、お店巡りに! 歩きながら距離や時間、消費カロリーを算出、写真保存機能付。
散歩計GPS

・わんこ好き、ネコ好きに!
わんわんセッション
にゃんにゃんセッション




facebook あんころりん