あんころりんのiPhoneアプリ
「和菓子wagasi」−東京のお菓子・菓子パンを歩く

2020年03月31日

野口製菓の どらやき


IMG_8690.JPG

IMG_8316.JPG


久々に野口製菓・・・

人気blogランキングへ
人気ブログbanner_02.gif




・・・。

店は民家の玄関先を改造したと思われる仕舞屋で
小豆あんのどらやきのみを製造販売しています。

IMG_8286.JPG

営業時間が短い、というか。
そもそもつくっている数が少ないので午後遅くには売り切れてしまうことしばしば。
そんなこんなで、都内を離れてから手にする機会に恵まれなかった。


※以下、ワタシの備忘録です。


販売スタイルも超お手頃価格も袋も看板も以前と変わらない。
どらやきの透明フィルムが透明ポリ袋に変わったのかな。(追記:よくよく見るともともと透明ポリ袋)

P1710577.JPG
P1710579.JPG
2013年頃のパッケージ

が。

どらやき。

やや小ぶりの大きさ(すずめやよりひとまわりほどプチ)は変わらないけれど。

IMG_8688.JPG
↑2020年のどらやき

P1710587.JPG
↑2013年頃のどらやき

記憶よりも断然、おいしくなってました。


P1710596.JPG
2013年頃
P1710602.JPG
2013年頃 ブレブレですまん
IMG_8314.JPG
2020年


とりわけ焼皮。

記憶が正しければ
どちらかと言えば、スポンジのように気泡が整っていたように思います。

2020年のいま、ややランダムに霜柱系に傾いたような印象を持ちました。
例えるなら
気泡ボコボコ=ワタシ好みのカンパーニュみたいな。


いまも変わらずに賞味期限は当日中。
たしかに、翌日になると小豆の水分が生地と馴染みすぎるみたい。

IMG_8302.JPG


Web情報のひとつに開業して20年以上という話もあったけど。
ワタシが初めて訪れたのは9年くらい前。

いつもなら、都内に出た日はまとめて仕事を入れるので、立ち寄る余裕がなかったのだが・・。
3月半ばのことです。


◎野口製菓
・どらやき(100円税込):砂糖 小麦粉 卵 小豆 水飴 味醂 重曹 寒天 
覚書:どら焼を焼くのは小ぶりの一文字火床(銅板)。
小豆あんを炊くのは圧力釜だと思います。

人気blogランキングへ
人気ブログbanner_02.gif


posted by あんころりん at 17:46| 東京 ☁| Comment(0) | どら焼き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

・街歩き、お店巡りに! 歩きながら距離や時間、消費カロリーを算出、写真保存機能付。
散歩計GPS

・わんこ好き、ネコ好きに!
わんわんセッション
にゃんにゃんセッション




facebook あんころりん