あんころりんのiPhoneアプリ
「和菓子wagasi」−東京のお菓子・菓子パンを歩く

2020年07月20日

赤羽 伊勢屋 傍若無人にデカイ豆大福 だんご

IMG_1020.JPG

IMG_1011.JPG


タイトルに傍若無人って書いたけど・・・

もはやこのデカさは暴力的・・


人気blogランキングへ
人気ブログbanner_02.gif




・・・と言いたい。


世に伊勢屋という屋号の菓子屋は数あれど。
昭和34年創業 赤羽駅一番街商店街の伊勢屋の朝生菓子たちの存在感と言ったら。

他を圧倒する、っていうか見るものすべてを圧倒するパワーに満ちている。

IMG_0994.JPG

数年前、学友から手みやげにいただいたのが初対面。
一発で我が豆大福心をわしづかみ。



予約したほうがいい、という助言に従い
豆大福、だんご、おはぎ、草餅、お赤飯を前日までに注文(当日予約はNG)。



IMG_0989.JPG

あらためて店頭で納得。
昼過ぎですでに午前製造分の豆大福は完売。
できたての草餅と焼だんごは陳列ケース内番重いっぱいに並んでました。

IMG_0987.JPG


豆餅を追加したけど
それにしても菓子の包みがやたらと重い。


そこには
すでに形を保つことをことをあきらめてしまった豆大福が・・

IMG_1015.JPG



おはぎだってそこそこでかい。

しかし豆大福の前ではただのあんこ玉か。



IMG_1014.JPG

だんごもまた暴れん坊である。

だんご一粒がこぶりなおはぎくらいの強者。

IMG_1003.JPG

通常なら4本入るであろうパックが2本で満員…フツーよりゆったりめのパックだが。


豆大福、だんご 共に130円と価格もチャレンジャーだ。

IMG_0998.JPG

ここまででかいとその日のうちに食べきれない・・
と思いきや。

うまいのだ。



予想外にスイスイいけちゃうほどに。

赤豌豆がたっぷり混ぜ込まれた豆大福
餅も赤豌豆もかなりおいしい。飽きないです。

IMG_1033.JPG

ゆえに豆餅もとってもウマい。

IMG_1059.JPG

そしてつぶしあんのバランスもよろしいのであります。



さすがにだんご2本は一気できなかったが、こちらもとてもおいしい。

会計している間も地元客と思われる方が、だんごとおはぎ一個ずつとかだんご一本をすぐに食べるからと、小腹ふさぎというか昼食代わりに気軽に立ち寄って買っていくのがとても自然。

商店街HPの紹介文
「国産の材料を使い、昔ながらの製法でその日限りのお菓子を販売しております。創業昭和34年、大きく・安く・美味しくをモットーに営業中」そのままに。

IMG_1048.JPG



お赤飯もずっしりささげたっっぷり。
ステキ。

IMG_1057.JPG


青森産よもぎを使った濃い緑の草餅ももちろんデカイ。

IMG_1038.JPG


ほかに塩を効かせた塩大福、ジャンボおはぎ(ほぼ弁当サイズ430円)があるようです。
IMG_0990.JPG

○赤羽「伊勢屋

IMG_0992.JPG
現役のラジオ 鳴ります



人気blogランキングへ
人気ブログbanner_02.gif




posted by あんころりん at 16:20| 東京 ☀| Comment(0) | 豆大福 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

・街歩き、お店巡りに! 歩きながら距離や時間、消費カロリーを算出、写真保存機能付。
散歩計GPS

・わんこ好き、ネコ好きに!
わんわんセッション
にゃんにゃんセッション




facebook あんころりん