あんころりんのiPhoneアプリ
「和菓子wagasi」−東京のお菓子・菓子パンを歩く

2020年12月02日

きくもとや 純栗羊羹

_DSC1877-002.JPG
純栗
_DSC1163.JPG
月餅

_DSC1189.JPG


創業は明治33年。
熊本市春日の老舗「きくもとや」の純栗羊羹です・・・

人気blogランキングへ
人気ブログbanner_02.gif





・・・
毎年、地元熊本の新栗が出るとつくり始めて、年末ごろに終了します。
今年は9月半ば過ぎに開始の連絡をいただきました。


栗の産地ではこういった栗と砂糖で煉りあげる“純栗羊羹”をこしらえるのはよくある。
同じようでもやはりそれぞれの味があります。

_DSC1872.JPG

そのなかで、きくもとやの純栗羊羹は栗の風味が抜群に高いのです。

栗のほかに白豆も使っているようですが
煉りが硬すぎず、そのせいなのか、まろやかで栗の香りが濃厚。
サイズも小ぶりなのでおいしいうちに食べ切れるのもポイント高い。
_DSC1153.JPG


HP内の熊本の栗では、使っている甲佐町の利平栗の生産者(田上さん)について、農薬を使わない理由などとあわせて紹介されていて興味深い内容です。

残念ながら栗むし羊羹は発送不可ですが


_DSC1198.JPG

_DSC1201.JPG
ふた菊最中

大納言小豆の粒あんたっぷりのふた菊最中はとてもおいしいですね。




_DSC1157.JPG
あずき煎餅↑↓
_DSC1159.JPG

_DSC1169.JPG
月餅 断面

_DSC1193.JPG
カラメルサブレ 断面


店の代表銘菓である落雁のほかあずき煎餅、カラメルサブレなど焼菓子類は発送可能。


きくもとや
・純栗羊羹:一棹1430円(およそ210g程度)+別途送料
砂糖(国産)、栗(熊本県産)、白豆、水飴、寒天 賞味3ヶ月


人気blogランキングへ
人気ブログbanner_02.gif



posted by あんころりん at 15:55| 東京 ☁| Comment(2) | 九州 四国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ごあいさつが遅れてしまいましたが、今年もよろしく
お願いします。

きくもとやは、鶴屋百貨店にも出店している熊本を
代表する和菓子店ですね。
僕は「ひごのらくがん」と「栗しぼり」がとくに
気に入っています。

熊本は栗の産地なのに案外栗を使った和菓子が
少ないように感じます。
そんな中にあって、きくもとやでは多くの種類の
栗菓子を作っていて、買いに行くと目移りして
しまいます。
Posted by 和三坊主 at 2021年01月16日 12:47
和三坊主さん
こちらこそ昨年中はたいへんお世話になりました。
ことしもよろしくお願い致します。
岡山に白小豆のお菓子をみかけることが少ないように熊本の栗のお菓子も少ないのですね。
きくもとやのひとつずつの栗むし羊羹が食べてみたいのですが、いまはほぼ作っていないとそうで残念です。ひごのらくがん、女将さんがすごく押していたのですが、スルーしてしまった(..;)
Posted by あんころりん at 2021年01月17日 12:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

・街歩き、お店巡りに! 歩きながら距離や時間、消費カロリーを算出、写真保存機能付。
散歩計GPS

・わんこ好き、ネコ好きに!
わんわんセッション
にゃんにゃんセッション




facebook あんころりん