あんころりんのiPhoneアプリ
「和菓子wagasi」−東京のお菓子・菓子パンを歩く

2005年07月08日

歌舞伎座の「トチリ大福」?「花月堂本店」は勘三郎のひいき店 -後編

aloha 211.jpg

↑左上からこしあん豆大福、あわ大福、粒あん豆大福(各189円)


前回から(7月8日)の続きです。
三ノ輪の「花月堂本店」の豆大福の、さてお味はというと・・

お店に入るとすぐにお店の方がにっこりと微笑みながら
「どうぞ」とひとりずつによく冷えた小豆茶を手渡してくれます。
小豆の香りを楽しみながら、どのお大福にしようかと迷いつつ注文します。
全部食べたいけれど、ここのは今日中に食べないとほんとに硬くなっちゃうので。

豆大福の粒あん、こしあん、あわ大福、そして黒豆大福の四種類の中から、
黒豆以外の三種を5個と葛ざくらをひとつ。


家で早速、大ぶりのずっしりと存在感のある「粒あん豆大福」をまずはいただきます。
やはりお餅がしっかりしておいしい!

夏になるとだれ気味になるのもあるけれどここのはいつもしっかりこしがあります。
やはり豆大福は餅が命だ、とこういう餅を食べるときに実感します。

時期的なせいか粒あんは甘さが強めにかんじるけれど、
赤えん豆のうまみと餅の強さ で昔ながらの大福というかんじ。

個人的にはすっごく粒あん派ですが、
花月堂さんのは今の時期は「こしあん豆大福」がすごく好き
十勝産小豆とざらめを使って練られたあんが
こしあんのほうが甘味もややさっぱり感じられます。

ですから「葛ざくら」もとてもおいしいです。

↓透明な葛もきれい。ちなみに「葛ざくら」は「朝生」の表記があり下町的
aloha 239.jpg

最後に「あわ大福」が本当においしい。
そもそも「あわ餅」って大変おいしいものだと思っています。
あわ餅ものがあるとつい買っちゃう。

花月堂さんのは粒あん がかなり存在感あるので
あわ餅のように餅に野趣があるようなものにもよくあうし、
またあわ餅がていねいに作られた
スムースでかつコシのあるおいしい餅なので他では食べられない大福です。

↓あんがどれもきれいです、餅もかんたんにはつぶれない
aloha 213.jpg

今回は「黒豆大福(丹波篠山)」涙をのんであきらめたけど、
時期になると「草大福」もあるのよね。
そうそう、そういえば
大福もさることながら本当はここは「花月最中」も名物。
ぱりぱりの皮にあんを詰めてくれる「お笑い最中」(笑ったように見えるので)として
最中ファンには昔から知られてます。

最中も食べたかったけどここに来る前に、つい、よその店でも最中を買ってる私。
計画性ないなー。
今日の目的は「豆大福」と自分に言い聞かせましたが。
でも他にもおいしそうなものいろいろありました。

花月堂さんはさまざまなお店の心遣いが感じられ

−例えば豆大福の個別の袋は餅がむれないように
四すみに穴を開けてあるのです!

これってすごく大福のこと(つまり客のことを)考えてます。
さすが歌舞伎役者さんにも御ひいきがあるほどの
下町の和菓子店の心遣い。

もち米をついたお餅だと
出来たてであるが故に 逆に大福自体の水分で
袋のなかの方がべたべたになってしまいます。

「名店」と言われるところでも
この現象が特に夏季は半分以上ありますが、
味は半減しますよね。

お店の方の物腰も和やかで
おまけにラムネ菓子も袋に入れてくれました。
温かみのあるお店を後に
先代勘三郎の菩提寺を通って入谷駅までは素敵なお散歩コースです。

あーあ。こうなると先日の十八代の襲名披露のチケットを
手に入れられなかった事がつくづく悔やまれるなー。

またすぐ来たいお店であります。
お笑い最中」の大納言が今すぐ食べた〜いです。







posted by あんころりん at 19:52| 東京 ☁| Comment(7) | TrackBack(0) | 豆大福 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
すばらしい、写真うつりのいい大福たちですね!!!

ぞくぞくしました
花月堂本店さんってノーチェックでした。

絶対買いにいきますよ〜!!!

でも本当に大福って日持ちしないから、限界があるんですよね。

冷凍は本当は邪道ですし。

断面の画像本当によくとれています。
これって、切るときやわらかくて、崩れたりしないのでしょうか?
これは説得力ある、おいしい画像です!

勉強になります!



Posted by ゆっか at 2005年07月08日 23:54
そうなんです、美男美女でしょ。
おいしい方たちは断面もgoodなんです。
最近気が付きましたが、
それは切るときも餅がしっかりして
しかも固いかんじはない、
という神業的な仕事が為されているからなんです。
ほんとに豆大福って奥が深くてすごいです。
Posted by あんころりん at 2005年07月09日 00:18
こんにちは!コメントありがとうです!私は濃い牛乳ほど好きなので生クリームも動物性じゃないとすぐにばれちゃいます!笑。そしてジャージー牛乳が大好き!濃厚で体の中に染みわたるんです!笑。あんころらんさんは苦手ですか。でも和菓子に対する好みは同じ!それだけで嬉しいです!コーヒーだって好きは好き!ただ私はミルク入れちゃうだけ!笑。私は食べ物にしか興味がもてないのがいけないところ。なの最近は本を読み始めようと頑張っています!勿論和菓子や日本文化など!いろいろ参考にさせてください!
Posted by 生栗和栗 at 2005年07月09日 18:44
うっへ〜! さっそく断面図にやられております。
なるほど、包丁を入れるとぶっちゃりつぶれる物件が多いですものね。そんな理由だったのか…。
いつもながらあんころりんさんの詳細なる分析、頭が下がります。
勘三郎に導かれつつ、いつか根岸散歩いたしたいですわ。…決して林家正蔵には導かれないんですけど。
Posted by ぺなぞう at 2006年01月06日 13:30
★ぺなぞうさん!
ありがとう来てくれて。
勘三郎の生前の様子の雰囲気がわかる方はより
面白いかんじがするかも・・って勝手に思っているので読んで頂きありがたや。
そうそう、良い大福とあんぱんは断面もきれい、というのは少ない経験での持論なのです。
分析なんてものじゃないけど面白く感じてくれたら何よりです。
そうねー私も同じ襲名披露でも圧倒的に勘三郎に行きたいですよ。人情物って書きたくなかった気持ちの理由の一つかも。
とうちゃんの方がやっぱりパンクだし。
何かぺなぞうさんとどっかで血がつながってないか?合いすぎ。
Posted by あんころりん at 2006年01月06日 15:36
はじめまして!
和菓子大好きで、こちらのページはいつも拝見させていただいています。
今日「花月堂」さんへ行ってきました。
黒豆大福いただきました。
黒豆とちょっぴりの塩味と中の粒あんが大変美味しかったです!
あんころりんさんほどではないのですが、何軒かの大福を食べていますが、どのお店もお餅の違いがわかりません。
餡はお店によって、おいしい!と感じる所はあるのですが。
お茶を出してもらったんですが、ドンと無言で。。。
飲んでいいのかも分からず。
地元のお客さんや常連さんじゃあないと、冷たいのかな〜と思ってしまいます。。。悲しい。
これからも頑張ってください。


Posted by ピヨ at 2007年05月30日 12:39
ピヨさん♪
初めまして、こんばんは。コメントありがとうございます、いつも読んで下さっているなんて本当に嬉しいです、ありがとうございます。
花月堂の黒豆大福ですか!良いですね、うらやましい。塩気のほどよい粒あんおいしかったでしょうねー。お餅についてはまあ、自分が好きか普通かぐらいで体調なども影響した印象になってると思います。香りが良いと嬉しくなります。
ところでそんな風にお茶が出てきてはせっかくの豆大福も味が半減してしまいますよね。うーん、残念ながら、きっと夫婦げんかでもした後だったのでしょうか…って許されるわけでもないけど。
ここはこちらが太っ腹でそんな時も人間あるわいなーって、思ってはいかがでしょう。スマイル0円より人間らしいよね、って。(私自身がそうできるかは疑問だけど…)
ほんとにお気の毒でした、これにめげず和菓子屋さんに足を運んで下さいませ。
これからもよろしくお願いします。
ご意見などありましたらいつでもどうぞ。
また遊びにいらして下さい♪
Posted by あんころりん at 2007年05月30日 15:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
・街歩き、お店巡りに! 歩きながら距離や時間、消費カロリーを算出、写真保存機能付。
散歩計GPS

・わんこ好き、ネコ好きに!
わんわんセッション
にゃんにゃんセッション




facebook あんころりん