あんころりんのiPhoneアプリ
「和菓子wagasi」−東京のお菓子・菓子パンを歩く

2005年07月26日

創業150年のこしの強さ『初祖 岡埜栄泉総本舗』 ―上野の豆大福その3

aloha 625.jpg

夏休みの特別企画
―4回連続「上野の豆大福散歩」の第3回です。

今回は
「上野広小路 岡埜栄泉」で知られる『東京岡埜栄泉』(台東区上野2−1−9 月休)です。

「初祖 岡埜栄泉総本舗」という表記(包装紙や店頭、レシートなど)
も知られているので
こちらを正式名という気もしますが、
正式社名は「東京岡埜栄泉」みたいです。

創業は数ある岡埜栄泉のなかでも
最も古く安政年間(1854〜1859)に創業。

はっきりした年度は見当たらないけど
創業1854年とすれば151年の歴史があります。
現在のご主人で8代目という事です。

(余談ですが
安政の短い5年間に創業した江戸の和菓子店には
麻布青野総本舗、龍昇亭西むら、梅園、榮太楼総本舗、などがあります
昔から甘味に対する情熱はみな同じなんでしょう。)

松坂屋のはす向かいのビルの1階ですが
ここは喫茶室があるので夏ならかき氷などもいただけます。
なかなか良い昭和の上野の佇まいがありますから
余裕のある時は立ち寄りたいものです。

↓クリックで大きく
aloha 552.jpg


豆大福「粒あん」「こしあん」の二種類(210円)。

↓クリックで拡大
aloha 616.jpg

うっすらと黄味がかった餅が特徴的でしょうか。
駅前の岡埜のものよりやや小振りでしっかりした感触です。

金と銀の文字がおしゃれな(金がこし、銀が粒)
透明な個別包装に入っているので↓
夏期は持ち帰る間に水分で多少、餅がべとつきますが。

aloha 614.jpg
↑クリックで拡大


断面を見てもはっきりわかるように「餅」はあつめ

粒あんは火がしっかり入って水分がきっちりととび
小豆の粒が感じられる
粒あんの醍醐味があります。

赤えんどう豆は少なめですが、

何がすごいって
餅のこしの強さ はかなりのもので
「大福は餅である」ということを認識できる一品です。

餅好きにはうれしい「豆大福餅」ですね。

主原料は 小豆、餅米、砂糖、赤えんどう
     ソルビット、塩。
     小豆は北海道産
だそうです。
賞味期限は その日限り と袋に表記があり。

少量だと
既成の小さな茶色い紙袋に入れてくれるので
家までつぶれないように気をつけて持ち帰りましょう。




posted by あんころりん at 21:01| 東京 ☔| Comment(9) | TrackBack(0) | 豆大福 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こしの強い大福たべたい!笑。えんどう豆が少ないのは多分こしのあるもちに自信があるからかな!笑。大福ってその日に食べるのがあたりまえだから賞味期限とか欠かさず見ちゃうよね。笑。私は銀の文字が食べたい!笑
Posted by 生栗和栗 at 2005年07月27日 06:33
あ〜私の大好きな広小路岡埜の豆大福!!
私は餅好きっ子だから、ここのが好きなのです。おっしゃる通り餅食ってます!感がたまらんのですわ。
豆大福が食べたい・・・というかお餅が食べたくなってきた。
Posted by theta at 2005年07月27日 11:33
たしかにすごい「お餅ぶり」ですよね。
あんころ餅に近い食感を感じました。
お腹一杯になりますよ。thetaさんは金or銀?
Posted by あんころりん at 2005年07月27日 12:28
私は銀派です!!粒あんLOVE
Posted by theta at 2005年07月27日 14:43
こんにちは

私は、銀派です!!!

本当に綺麗な画像ですね。
生唾・・・飲み込んでしまいました。

あんころりんさんは、きちんと伝えたいことがあって、ブログを書かれているのですね!
「資料せいを持たせて 楽しく伝える!!!」
実践されてますよ〜

岡埜栄泉って本当にたくさんにのれんわけしていますね!
確かに、一定水準は保っていますね!





Posted by ゆっか at 2005年07月27日 23:41
めちゃくちゃおいしそうですぅーーーあんこ命。
Posted by 和風花 at 2005年07月28日 20:46
☆thetaさん
そうでしたか。ここのは特に「粒あん」かも。
☆ゆっかさん
杉浦さんの記事も読んでくださってありがとうです。とても嬉しいです。やはりゆっかさんは銀ですね。(予想通り!)出来ればすべての岡埜でたべてみたいにゃ〜。
☆和風花さん
ちょっと元気になれるでしょうか?
Posted by あんころりん at 2005年07月28日 21:27
悲しいお知らせです。

初祖岡埜栄泉(東京岡埜栄泉)さんが、7月31日で店を閉めました。

金色、銀色包装の豆大福が懐かしいですね。

また、ここのどら焼はうさぎやさんを向こうに回し、280円と云う値段と皮の分厚さに心意気を感じました。

残念ですね。
Posted by 宮 at 2012年08月27日 21:29
宮さん
うわ、ものすごくショック!!!!情報ありがとうございます。
6月に訪問したときはそんな様子が微塵もなかったのに・・。
上野の楽しみ・・次々と消えていきます、悲しい。
Posted by あんころりん at 2012年08月29日 00:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
・街歩き、お店巡りに! 歩きながら距離や時間、消費カロリーを算出、写真保存機能付。
散歩計GPS

・わんこ好き、ネコ好きに!
わんわんセッション
にゃんにゃんセッション




facebook あんころりん