あんころりんのiPhoneアプリ
「和菓子wagasi」−東京のお菓子・菓子パンを歩く

2021年03月08日

麻布十番 いろがみの本わらび餅

IMG_8275.JPG

_DSC2849.JPG

麻布十番で二年半前に開業した「いろがみ」。


上野駅前にかつてあった岡埜栄泉総本家・・・

人気blogランキングへ
人気ブログbanner_02.gif




・・による新しいスタイルの和菓子店です。

つくりても販売するのも責任者もすべて若手女性。

全員が上野店の頃から菓子づくりに従事してきたたキャリアある技術者です。
なかでも責任者は上野店工場長を勤めた方。


店内は明るく、シンプルな設えでこぢんまりとまとまっている。
岡埜栄泉ですから、もちろん豆大福は主力商品。
そのほか定番としてごまくるみ大福と季節の大福の3種類があるみたい。
ほかにもいろいろ、和菓子好きにとってとっても魅力的で楽しげなお菓子が並んでいます。

IMG_8170.JPG

なかでもっとも惹きつけられたのが“本わらび餅”。
よくある中にあんをいれたタイプではなく
(中あん入り”玊わらび”もある)。



本蕨粉と和三盆糖だけで煉りあげた生地そのままのわらび餅は、
黒蜜などかけずに“煎りたての香ばしいきな粉”をまぶしただけ。
とってもシンプルで、でもゴージャスなつくり。

そう、本わらび餅ってこーゆーのが食べたかったんだよね。
しかも、お手頃っ!

_DSC2906-001.JPG



本蕨餅だけでなく、豆大福、きんつばなども良質の材料を選んでいます。

ぜんたいに基本に忠実でありながら、自由にお菓子づくりをしている。
街行くひとびとが欲しているものとつくりたいものがリンクする感度の良いアンテナ。
こいつが自然に備わっているのではないか、そんな印象を持ちました。


ほかにも気に入ったお菓子がありました。
またこんど。

和菓子いろがみ ※2018年5月開業
本わらび餅:カップ入税別600円:国産本蕨粉、和三盆糖、新潟県産丸大豆きなこ 賞味:翌日まで

人気blogランキングへ
人気ブログbanner_02.gif


posted by あんころりん at 17:05| 東京 ☁| Comment(0) | 港区&品川区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

・街歩き、お店巡りに! 歩きながら距離や時間、消費カロリーを算出、写真保存機能付。
散歩計GPS

・わんこ好き、ネコ好きに!
わんわんセッション
にゃんにゃんセッション




facebook あんころりん